06
:
2
3
4
8
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
21
23
24
26
27
30
   

ブルーベリーのブリオッシュ・タルト♪

こんにちは!

2月に、ル・コルドン・ブルーのサブリナレッスンで、
ブルーベリーのブリオッシュ・タルトを習いました。

最近、フランスでは、お菓子の様なパンがトレンドなのだそうです。

このパンもしかり。

家でも作ろうと思って、材料を買い揃えました。

しかし、このパンは難しい上に、手間暇がかかるので、
先延ばしにしているうちに、とうとう6月も終わりになってしまいました。

そろそろ作ろうという気になり、よっこらしょと腰を上げて作りました。


作り方を簡単に説明すると・・・・

ブリオッシュ生地の上に、フィユティーヌをまぶした生地をのせ、
その上にアーモンドクりームを絞り出します。

発酵させて焼成し、周りにナパージュをかけて、フィユティーヌをまぶし、
生のブルーベリーで作ったソースをかけます。


ねっ、手が込んでいるでしょう。

うまく作れるか心配でした。

しかし、なんとか成功しましたよ!

出来上がったのが、こちらです。



ブルーベリーのブリオッシュ・タルト♪
ブルーベリーのブリオッシュ・タルト




カットすると・・・・
カット


試食しました。

凄く美味しくて、もう最高~!

これは、絶品です!

頑張って作って良かったです♪



ご訪問ありがとうございます。

↓クリックしてくださると嬉しいです
スポンサーサイト

餃子♪

こんにちは!

昨日の我が家のお夕食を紹介します。


昨日のお夕食♪
お夕食

餃子、春雨サラダ、ご飯、メロンです。


それぞれ拡大すると・・・・


餃子♪
餃子


主人が、数日前から、「餃子が食べたいなぁ~」を連発するので、
作りました。



春雨サラダ♪
春雨さらだ

ごま油を入れたドレッシングを作って、和えました。


今日は、昨日作った餃子の具が沢山あったので、
また餃子を食べました。

餃子は、久しぶりだったので、とても美味しかったです。



ところで・・・・・

今日は、半日かけて、パンの仕込みをしていました。

一晩、冷蔵庫に入れて発酵させます。

明日は、成形、焼成をします。

このパンは、成形のプロセスが複雑なので、うまく出来るか心配です。

頑張って、挑戦してみます♪



ご訪問ありがとうございます。

↓クリックしてくださると嬉しいです

ガッシュ・ヴォンデエンヌ♪

こんにちは!

昨日は、家で、ガッシュ・ヴォンデエンヌというパンを作りました。

これは、西フランスのパンで、復活祭に食べるそうです。

とにかく、大きい。

家のオーブンに入るか心配しましたが、何とか入りました。

2次発酵が終わったところの写真が、こちらです。


2次発酵終了♪
発酵終了


ねっ、大きいでしょう。

生地には、卵、バター等の他に、生クリームが入っています。



焼き上がったのが、こちらです。


ガッシュ・ヴォンデエンヌ♪
ガッシュ・ヴォンデエンヌ




カットすると・・・・
カット


ふんわり柔らかく焼けました。

生クリーム風味で、とても美味しいです!



ご訪問ありがとうございます。

↓クリックしてくださると嬉しいです

クグロフ♪

こんにちは!

昨日は、クグロフを作りました。

出来上がったのが、こちらです。


クグロフ♪
クグロフ




カットすると・・・・
カット


卵、牛乳、蜂蜜、バター、ドライフルーツの洋酒漬け等が入っています。

ふわっと柔らかくて、程よい甘さで、もう最高ー!!

フランスのパンって、本当に美味しいです♪



ご訪問ありがとうございます。

↓クリックしてくださると嬉しいです

鶏の照り焼き丼♪

こんにちは!

昨日のわが家のお夕食は、こちらでした。


お夕食♪
お夕食

鶏の照り焼き丼、小松菜のお浸し、サラダ、なすと三つ葉の味噌汁です。




鶏の照り焼き丼♪
鶏の照り焼き段


鶏の照り焼き丼は、我が家で人気の料理です。

昨日も、
「お夕食は、何が食べたい?」と娘に聞くと、
「鶏の照り焼き丼!」と、答えが帰ってきました。

これは、ベターホームで習った料理です。



ところで・・・・

家は、蜂に縁がある様で、困ります。

ある朝、ベランダに洗濯物を干していて、ふと換気口を見ると、
何と、そこに、大きな蜂がせっせと巣を作っていました。

ひえ~! びっくりです。
これは、大変だ。すぐに撤去してもらわねば!

業者に電話をすると、その日のうちに来てくれました。

作業は、いたって簡単。
蜂に殺虫剤をシューとかけるだけ。

蜂が巣ごとポトッと落ちました。

蜂は、死んでいて、長さ3CM位。
足長蜂だそうです。

巣は、直径4CM位の円錐形で、5~6個丸い穴が出来ていました。
綺麗に作ってあって、芸術品の様でしたよ。

業者は、それをスーパーの袋に入れて持ち帰りました。
結構な料金を取られました。
全く迷惑な話です。



蜂の災難は、これが初めてではありません。

娘がまだ幼かったとき、家族で箱根へ車で旅行に行きました。

宿に泊まり、翌朝、主人が、
「トイレに行ってくる。」と言って、
部屋を出たきり、なかなか戻って来ません。

遅いな~と思っていると、主人が足を引きずり引きずり戻ってきて、
「蜂に足を刺された!」と、痛そうに言うではありませんか。

びっくりして足を見ると、足の親指が、真っ赤に腫れ上がっていました。

「どうして蜂に刺されたの?」と聞くと、主人は、
「トイレのスリッパの中に、蜂が入っていて、気づかずに履いたら刺された!」
と言いました。

まさか、トイレのスリッパの中に蜂がいるとは、誰も思いませんよね。
災難もいいとこです。

あいにく宿にも、それ用の薬は、置いてありせんでした。

気の毒な主人。

真っ赤に腫れ上がった足が靴に入らず、
痛みを堪え、車を運転して帰宅したのでした。



蜂にまつわる話は、これだけではありません。

ある晴れた日、洗濯物が良く乾き、取り込んで畳んでいました。

主人の靴下を畳んでいたとき、かすかにジーと音がするので、
よく見ると、靴下の中に蜂が入っていました。

私は、急いで蜂を紙で潰したので、被害は、ありませんでした。

でも、もし私がそれに気づかず畳んでしまっていたら、
主人は、その靴下を履いて、また足を刺されるところでした。

災難は、どこに潜んでいるか分かりませんね~

2度あることは、3度あると言いますが、4度ないことを祈るのみです。



ご訪問ありがとうございます。

↓クリックしてくださると嬉しいです

バゲット♪

こんにちは!

今日は、久しぶりに、バゲット・オ・ルヴァン・デュール80%を作りました。
(天然酵母を使い、加水率80%のバゲットです。)

出来上がったのが、こちらです。


バゲット・オ・ルヴァン・デュール80%
1本クープのバゲット


今日の出来は、あまり良くなかったです。。。。

2次発酵を取り過ぎて、生地がだれてしまいました。

クープをひくのに生地がひきつれて、綺麗にひけず、
クープも、あまり開きませんでした。


こういうことは、コルドンのレッスンでは、絶対にありませんでしたね~
シェフが、発酵を見極めますからね。

家では、しょっちゅうあります。
あ~、バゲットが上手く作れる様になりたいものです。


ちなみに、バゲットの断面は、こんな感じです。


バゲットの断面♪
断面


気泡は、良く入りました。
ルヴァンを使ったので、素朴な味わいで、美味しかったです。


美しいバゲットが焼ける様になりたいです・・・・



ご訪問ありがとうございます。

↓クリックしてくださると嬉しいです

厚揚げのいんろう煮♪

こんにちは!

今日の我が家のお夕食は、こちらです。


お夕食♪
お夕食

厚揚げのいんろう煮、ブロッコリーとじゃがいもの梅肉あえ、
ご飯、味噌汁、いちごです。


それぞれ拡大すると・・・・


厚揚げのいんろう煮♪
厚揚げのいんろう煮


ベターホームで習ったこのいんろう煮は、本当に美味しいです。
我が家の和食の定番料理です。




ブロッコリーとじゃがいもの梅肉あえ♪
ブロッコリーとじゃがいもの梅肉あえ


これも、ベターホームで習った料理です。
美味しくて、いくらでも食べられちゃいます。




ご飯と味噌汁♪
ご飯とみそ汁


味噌汁の具は、かぶとかぶの葉、油揚げ、卵を花に散らしました。
この具の取り合わせは、美味しかったです。

勿論、、だしは、鰹節で取りました。

ついでに言うと、厚揚げのいんろう煮も、鰹節で取っただし汁に、
調味料を入れて、コトコト煮ました。

和食は、だしが命ですね。


ある人のエッセーで、
「中国の上海は、水がまずいから、上海料理は、あまり聞かない。」
と書いてありました。

これを読んだとき、
「日本は水が美味しいから、だしの文化が生まれたんだな~」
と、はたと気がつきました。


和食って、美味しいですね。

ちなみに、フランス人やイタリア人が和食を食べたとき、
どの料理が美味しく食べられて、どの料理がまずく感じるのか、
とても興味があります。



ご訪問ありがとうございます。

↓クリックしてくださると嬉しいです

ブリオッシュ・パリジェンヌ(アテント)♪

こんにちは!

最近、ブリオッシュ・パリジェンヌ(アテント)を作るのに、はまっています。

今日の気分は、ABBA。
ABBAを聴いて一緒に歌いながら作りました。

今日は、パリジェンヌの頭をいつもより大き目に成形してみました。


ブリオッシュ・パリジェンヌ♪
ブリオッシュ・パリジェンヌ


ポーリッシュ種と発酵生地を使ったので、味に深みがあります。

前回は、ラム酒を入れ過ぎてしまいましたが、
今日は、適量入れました。

バター風味で、ほんのりラム酒の香りがして美味しいです。

明日の朝食に家族で食べます♪



ご訪問ありがとうございます。

↓クリックしてくださると嬉しいです

チョコレートクロワッサン♪

こんにちは!

チョコレートクロワッサンを作りました!


チョコレートクロワッサン♪
チョコレートクロワッサン



スライスすると・・・・
断面


薔薇の花の様な気泡が入りました♪


このクロワッサンは、家族にすごく人気があり、皆でパクパク食べて、
あっという間になくなってしまいます。



ル・コルドン・ブルーのお友達に「コルドンでパンを習う理由は?」と尋ねると、
将来パン屋さんを開きたいとか、パンの先生になりたいとか、
パン関係の仕事に就きたい、と言う人が多いですね~


私の場合は、以前、フランスへ旅行に行って食べたパンが、凄く美味しかった。

東京に行けば、美味しいフランスのパンを売っているお店が
あるのかもしれませんが、家の周りには、ないんですよ~。

美味しいフランスのパンが食べたい・・・・・
ならば、自分で作っちゃおうと思って、コルドンに通いました。

通って思ったことは、ただ習っただけでは、
美味しいパンは作れないってことです。

自分でパンを何度も何度も作ってコツを掴まないと、
美味しいパンは出来ません。

私は、まだ道半ばで、勉強することが沢山あります。

幸い、私は、旨いものを食べるためには、努力を惜しまない方なので、
楽しみながら、パンを作っています。

将来、お店を持つ訳でもなく、人に教えるためでもなく、
ただひたすら自分が美味しいパンを食べたいがためにやっています。



ご訪問ありがとうございます。

↓クリックしてくださると嬉しいです

ブリオッシュ・パリジェンヌ(アテント)♪

こんにちは!

今日は、ブリオッシュ・パリジェンヌを作りました。

先週作ったとき、ラム酒をもう少し多く入れたら良くなると思ったので、
今日は、倍量入れてみました。

しかし、やはり倍は、多かった。。。。

ラム酒が、バター風味を打ち消しちゃうんですね。

次回は、ラム酒は、ほんの少しだけ多く入れてみることにしましょう。


ブリオッシュ・パリジェンヌ♪
ブリオッシュ・アテント


ラム酒が効いているので、ブルーベリージャムをつけて食べたら
美味しかったです。♪



ご訪問ありがとうございます。

↓クリックしてくださると嬉しいです

プロフィール

クミ

Author:クミ
ベターホームのお料理教室に通って10年、17講座を終了しました。毎日、お教室で習った料理を作って、家族で美味しく食べています。
2015年に、ル・コルドン・ブルー本科パン講座を修了し、パンディプロムを取得しました。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

カウンター

ランキング

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています↑ 良ければクリックお願いします♪

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる