12
:
1
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
22
23
24
26
27
31
   

麻婆豆腐 と かめパン

こんにちは!

家族から、「麻婆豆腐が食べたい。」という声が上がりました。

その声に応えて、お夕食に、麻婆豆腐と中国風即席漬け、味噌汁を作りました。


お夕食
マーボー豆腐


この麻婆豆腐の作り方は、ベターホームのお料理教室「基本の会」で
習いました。

比較的簡単に出来て、庶民的な味で、結構美味しかったです。




ル・コルドン・ブルーのパン講座で習った、かめパンも作りました。

かめパンは、大きくて、頭からしっぽまで、25cmあります。


かめパン
かめ


青いテーブルクロスの上に、かめパンを置いて、写真を撮りました。
海で、かめが、泳いでいるところをイメージしました。

そういえば、レッスンで、シェフが、

「フランスでは、青は、魚屋さんのイメージなので、青のクロスにパンを
 置いてデコレーションするのは、避けましょう。」

と言っていたなぁ。

パンは、魚屋さんには、売ってないし、かめは、魚じゃないですね・・・


このかめパン、スライスすると、食パンの様に、中が、白くてふわふわで、
すごく美味しいです。




ところで・・・・

最近、主人が、はまって、やっているものがあります。

航空力学の専門書を読み、航空機事故調査書に関する本を読み、
やっているのは・・・・フライトシミュレーター。

本人いわく、
「航空力学を理解したおかげで、操縦がうまくなった。」

確かに、専門書を読む前は、墜落したり、着陸時に滑走路からひどく
はみ出したりしていました。

それが、今日は、平塚上空を飛び、江の島、伊豆半島を臨み、旋回して
大山を向こうに見て、厚木飛行場の滑走路に、スゥ~と着陸して
見せてくれました。

それを見た私と娘は、思わず拍手。

遊びも理論から攻めていく主人に、感心したり、飽きれたりの私と娘でした。





ご訪問ありがとうございます。

↓クリックしてくださると嬉しいです↓
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

クリスマスのお夕食 と パン・オ・ノワ

こんにちは!

家族孝行第2弾。クリスマス編です。

クリスマスには、娘が食べたいものを作ってあげたいと思い、娘に
「何が食べたい?」と、聞きました。

すると、「オニオングラタンスープとマリブのデザート!」
という答えが返ってきました。

「丸鶏も焼こうか?」と聞くと、「丸鶏は、いらな~い。」と娘。

家では、毎年、クリスマスに、丸鶏を焼くのですが、
娘は、「食べにくい。」と言って、あまり食べないんですよね。

なので、今年は、鶏は、もも肉をカットして、塩、こしょうして、
フライパンで焼くだけの、食べやすくて簡単なものにしました。

そして、娘の大好物の、オニオングラタンスープとマリブのデザートを
力入れて作りました。



オニオングラタンスープの作り方は、以前、ル・コルドン・ブルーの
デビューレッスンで習いました。

これは、とても美味しいんですよ。


まず、玉ねぎを茶色になるまで炒めて、スープで煮ます。

(その時の様子が、下の写真です。)


オニオングラタンスープを作っています
オニグラ作ってます



これを器に入れ、私が作ったパンのスライスも入れて、チーズをのせて、
オーブンで焼きます。




マリブのデザートは、以前、ベターホームの「スイーツの会」で習いました。

ココナッツラム酒を入れたブラマンジェに、
パイナップルとパッションフルーツのコンポートをかけます。

これも、すごく美味しいんですよ。



出来上がった料理が、下の写真です。


クリスマスのお夕食
メリークリスマス


家族揃って、「いただきま~す!」

皆「美味し~い♪♪」

家族で、美味しいごはんを食べるのって、いいなぁ~と思いました。





冬休みに入って、パンも作っています。

ル・コルドン・ブルーパン講座で習った、パン・オ・ノワを作りました。


パン・オ・ノワ
パン・オ・ノア



これは、ライ麦粉や全粒粉を使っていて、クルミが入っています。

外側は、パリッとしていて、中は、しっとり柔らかいです。

私は、このパンが大好きなんですよね。

今回、成形には、多々反省点がありますが、とても美味しく出来ました。





ご訪問ありがとうございます。

↓クリックしてくださると嬉しいです↓
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

ル・コルドン・ブルーパン講座(基礎)前半を終えて

こんにちは!

10月から、週1回、ル・コルドン・ブルーのパン講座基礎コースに通っています。
前半が終わり、冬休みに入りました。


この3か月を振り返ると・・・・

授業は、とても良かったと思います。
家では、授業で習ったことの復習を欠かさずしました。

しかし、週1回、片道2時間かけて学校に通い、1回6時間の授業を
受けるのは、50代の私にとって、体力的に、結構きついものがありました。
(疲れてしまい、夕食は、手抜き料理のオンパレードとなってしまいました。)



復習は、何をしたかというと・・・・

①授業で書き取ったノートの清書をしました。
②習ったパンを1種類位、次の授業までに作りました。


①について説明すると・・・

授業では、ルセット(材料表)は、くれますが、レシピはくれないので、
私は、シェフが説明したことや、見たことを全てノートに書き取っています。

授業は、早く進むので、ノートの字は、みみずが這った様な字です。

しかも、1回の授業で習うパンは、4種類位あり、並行して作っていくため、
ノートには、パンのレシピが、入り乱れて書かれています。

家では、次の授業までに、ノートを整理して、清書する作業をしました。
これは、結構、時間のかかる作業でした。


②について説明すると・・・

授業では、シェフの指示に従って、パンを作っていきます。
しかし、家でパンを作るときは、頼れるシェフがいないので、
自分で生地の状態を見極め、作業を進めていくことになります。

見極めを誤ると、パンは正直なので、味や形の悪いパンが出来てしまいます。

授業で習ったことを元に、失敗や成功の原因を考え、改良することで、
パン作りが上達します。



家族の声・・・・

家族は、私が学校に通うことに協力的で、ありがたいです。

学校で習ったパンや、家で作ったパンは、家族に好評です。

しかし、3か月間、夕食は、手抜き料理ばかりが続き、家族からは、
「美味しい料理が食べたいなぁ。」という声が、上がっていました。

この冬休みは、美味しい料理を作って、家族孝行しようと思います。



今日は、その第1弾です。餃子を作りました。

(ベターホームの「飲茶の会」で、美味しい餃子を作るコツを習ってから、
 家の餃子は、グレードアップしました。)


餃子を焼いているところです。
餃子を焼いてます


(この鉄製フライパンは、ベターホームのお教室で買ったものです。
 餃子がパリッと焼けます。2回に分けて焼きました。)



今日のお夕食
餃子



家族からは、
「あぁ、こんな美味しい料理は、3か月ぶりだ。」という声が聞かれました。

私自身も、やはり、手間をかけて作った料理は、美味しいなと再認識しました。

娘いわく、「美味しい料理は、心を豊かにするよ。」

全く、その通りです・・・ハイ。





ご訪問ありがとうございます。

↓クリックしてくださると嬉しいです↓
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

ル・コルドン・ブルー本科パン講座第10回(中間テスト)

こんにちは!

ル・コルドン・ブルー本科パン講座第10回は、中間デストでした。

その日、私は、いつもより早く家を出て、学校へ行きました。

(パンをデコレーションするのに使う道具も持って行ったので、
 荷物が、重かった!です。)


学校に着き、ユニホームに着替え、生徒用ラウンジへ行きました。
パンの生徒が、次々に来ました。

そして、皆で、各自作ってきた工程表をつきあわせて、ああでもない、
こうでもないと、話し合い、最終的な工程表が出来ました。


始まりの時間になり、皆、教室へ移動。

いよいよ、テスト開始です。

3種類のパン(バゲット、プチパン・オ・レ、パン・ド・カンパーニュ)の
計量から始まり、捏ね、1次発酵、・・・・と、工程表に沿って作業を進めました。

(途中、お昼を挟みました。)

皆、良く勉強してきており、手際良く作業が進みました。

そして、焼成して、パンが、無事完成しました!


それから、すぐに、各自、その日作ったパンと、前回作った飾りパンを
デコレーションして、プレゼンテーション(展示)しました。

皆の作品は、それぞれ、個性的で、素敵な作品ばかり。(皆、すごい!)



ここで、Sシェフ登場。

シェフが、生徒の作品を1つずつ見て、パンやデコレーションについて批評を
述べ、採点していきました。

たまたま、私の作品が、最後でした。

(私の番になったとき、Jさんが、私に、
 「クミさん、トリですよ。北島三郎ですよ。」
 と、小声で言いました。
 いつも、面白いことを言って、私を楽しませてくれるJさん。
 私が「小林幸子と言って。」と言うと、Jさんは、「さっちゃ~ん❤」と
 返してくれました。Jさん、声援ありがとう!)


シェフは、私の作品を見て、

「プチパン・オ・レとパン・ド・カンパーニュは、とても良く出来ている。
 良く出来たパンは、黒に映えるね。」

と褒めてくれました。

(お~! なんと、うれしいお言葉!)

「バゲットは、クープも焼き色も良いのだが、長さが足りない。
 長いと良かったのに、そこが残念だ。」とシェフ。

 (なるほど、そうか。)

とても良い勉強になりました。



クミの作品
中間テスト



中間テストが、無事、終了しました。


校長先生が、
「皆、がんばったね。」と言って、チーズなどの盛り合わせを
持ってきてくれました。

ワインを開けて、皆で乾杯しました。


これから、1か月近く、学校は、冬休みになります。

少し、ゆっくりして、疲れを癒そうと思います。




ご訪問ありがとうございます。

↓クリックしてくださると嬉しいです↓
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

中間テスト対策(工程表編)

こんにちは!  

中間テストでは、シェフの助けなしで、各自、3種類のパンを
作らなければなりません。

3種類のパンを並行して作る場合、いつ、どのパンのどの作業をするか、
あらかじめ、工程を組んでおかなければなりません。

発酵器、平釜、コンベクションオーブンは、共通なので、皆いっせいに、
同じ作業を進める必要があります。

自分なりに、工程を組んで、工程表を作っておき、テスト当日、皆で話し合って、
最終的な工程表を完成させたいと思いました。


ここで、パンを作る工程を書きます。

ミキシング(Frasage) → 捏ね(Petrissage)→ 1次発酵(Pointage)

→ 分割・丸め・ベンチタイム(Division・Boulage・Detente)

→ 成形(Fasonnage)→ 2次発酵(Appret)→ 焼成(Cuisson)


(カッコの中は、フランス語です。)

(今までフランス語に縁のなかった私が、ル・コルドン・ブルーの
 パン講座に通って、これらの単語が、すらすら書けるようになりました。
 それも嬉しく思います。)


1次発酵、ベンチタイム、2次発酵は、主に、発酵器を使って行います。
発酵器の温度により、それぞれ、かかる時間が変わってきます。

なので、3種類のパンを並行して作る際、温度調節して
時間をずらすことにより、作業が重ならないようにすることができます。

工程を組むのは、パズルの様で、結構楽しいです。

ああでもない、こうでもないと考えて、自分なりに工程表を作りました。

当日、持って行こうと思います。


 

ご訪問ありがとうございます。

↓クリックしてくださると嬉しいです↓
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

中間テスト対策(パン編)

こんにちは!

中間テスト対策(デコレーション編)の続きです。


さて、デコレーションは、出来ましたが、テストでパンが作れなくては、
お話になりません。

バゲットは、先日、家で作って、なんとか出来ました。
テストでも、作れるでしょう。

心配なのは、パン・ド・カンパーニュです。
これも、家で作って、復習しておいた方が良さそうです。

どうやって作るんだっけ?

ノートを開いて見ました。
ああ、そうだった、そうだった。思い出してきました。

レッスンで作ったパン・ド・カンパーニュは、直径が30cmありました。
これだけ大きいと、家庭用オーブンには、入らなさそうです。
そこで、3分の1のサイズで作ってみることにしました。

材料を用意して、

ああして、こうして・・・・・そうして、こうして・・・
・・・・オーブンで焼いて、

パン・ド・カンパーニュ(ミニ)が出来上がりました。



パン・ド・カンパーニュ(ミニ)
パン・ド・カンパーニュ ミニ



レッスンで作ったパン・ド・カンパーニュは、大きくて、存在感があって、
とても素敵なパンでした。

ミニは、可愛くて、これはこれで、素敵です。

試食しました。
とても美味しい♪♪です。

これで、作り方が、しっかり頭に入りました。




テストでは、あともう1つ、プチ・パン・オ・レを作らなければなりません。

このパンは、はさみを入れるのに、コツがあります。

はさみの入れ方は、パリ校から来日したOシェフが、
よ~く教えてくれました。

それを思い出しながら、復習しました。

出来上がったプチ・パン・オ・レが、こちらです。



プチ・パン・オ・レ
プチ・パン・オ・レ


試食しました。
美味しい~♪♪

これも、しっかり頭に入りました。



まだ、テスト当日までに、やっておかなければならない重要なことがあります。

それは、「3種類のパンをどの様な流れで作るか」の工程表を作ることです。


つづく・・・




ご訪問ありがとうございます。

↓クリックしてくださると嬉しいです↓
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

中間テスト対策(デコレーション編)

こんにちは!

次回のル・コルドン・ブルー パン講座は、中間テストです。

中間テストは、シェフの助けなしに、各自、バゲット、プチ・パン・オ・レ、
パン・ド・カンパーニュを作り、デコレーションしてプレゼンテーションします。
それを、シェフが、採点します。

シェフは、
「デコレーションは、布と最小限の小物を使って、パンが引き立つ様にしてね。」
と、言いました。


デコレーションは、どうしよう。
残念ながら、私は、アートは、あまり得意ではないんですよね。

こういう時、頼りになるのが、娘です。
娘は、趣味で、イラストを描いているので、良いアイデアを
出してくれるに違いありません。

娘に相談すると、娘は、
「こんな感じで、パンをのせる舞台を作ってみたらどう?」と言って、
スラスラと設計図を描いてくれました。

「それでいこう。」と私は、即断。

私と娘で、足りないものを買ってきました。
そして、家で、組み立ててみました。

私流(娘流?)パン用デコレーション舞台が、こちらです。


デコレーション
パンの舞台


この舞台のテーマは、「お茶会」です。

主人が、出張でロンドンに行ったときに買ってきてくれた布を
テーブルクロスに見立て、ティーカップと砂糖壺を置きました。

その後ろに、箱を階段状に積んで、黒い布で覆いました。

それから、青、白、赤のリボンをのりで付けて、フランス国旗のリボンを作り、
飾りにしました。
(イギリスとフランスが混ざっていますが、まぁ、いいでしょう。)

当日は、これにパンをのせます。



残すは、パンがうまく作れるか、です。



ご訪問ありがとうございます。

↓クリックしてくださると嬉しいです↓
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

ル・コルドン・ブルー本科パン講座第9回

こんにちは!

ル・コルドン・ブルー本科パン講座第9回に行ってきました。

今回習ったのは、カメと飾りパンです。

私が作ったカメは、こちらです。


カメ(クミ作)
カメ



このカメのパン、結構大きいんですよ。
頭からしっぽまで、25cm位あります。
かわいいので、とっても気に入りました。

かわいそうだけど、カメをスライスしました。
食パンみたいに、中は、ふわふわです。

ジャムをつけて、パクリ。
とっても美味しいです♪

これは、是非、家でも作りたいです。



そして、私が作った飾りパンが、こちらです。


飾りパン(クミ作)
飾りパン



これも、大きいんですよ。
直径27cmあります。
太陽の中に飾りがある、という構図になっています。

飾りは、何を作ろうかな、と思って、まっ先に頭に浮かんだのが、
家のフェレット。

今飼っているハナと、前に飼っていたモモが、仲良く☆で遊んでいるところを
作りました。

通訳さんが、これを見て、「かわいい~」と言ってくれました。
私が、「これ、何だと思います?」と聞くと、「わんこ。」と通訳さん。
わんこにも見えますねぇ。

皆、それぞれ素敵な飾りを作っていました。



こちらは、シェフが作ったカメと飾りパンです。


シェフ作
シェフ作


シェフの作った雪だるまは、さすがに、美しかったです。



そして、もうひとつ、シェフの作品が、こちら。


シェフ作
シェフ作2


帽子の下に丸く穴が開いていて、ここに顔を出して、写真が撮れるように
なっています。リボンもとても綺麗。

シェフのこうした作品を見ると、やはり、フランスは、芸術の国だなぁ、と
思います。



さて、次回は、中間テストです。

シェフの助けなしで、各自、3種類のパンを作り、デコレーションして
展示します。

うまく出来るかなぁ。
かなり心配です。




ご訪問ありがとうございます。

↓クリックしてくださると嬉しいです↓
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

家で、初めて成功したバゲット♪

こんにちは!

今まで、家で、何度もバゲットにトライしてきました。

そのたびに、クープがうまく開かず、横のところが、爆発してしまうという失敗を
繰り返してきました。

レッスンでは、そこそこうまく出来るのに、家では、どうして出来ないんだろう、
と悩み続けてきました。



シェフに、相談すると、

「家庭用のオーブンは、庫内が小さいから、イーストを少なくして、発酵時間を
 短くして、小さいバゲットを作ってごらん。」

と、アドバイスしてくれました。



今日は、それを試してみました。

バゲットを焼いている間、オーブンの窓から目を離さず、中をじっと見て
いました。

焼けるにつれて、クープが割れて、だんだん開いていくのが見えました。

いやぁ、うれしかったですね。

今回は、なんとか、成功しました。

シェフの言うことは、聞くものですね。



課題も残りました。

スチームをかけ過ぎたために、生地の中の水分がうまく抜けず、
重いバゲットが出来てしまいました。

次回は、その点に注意して、またトライしたいと思います。




家で、初めて成功したバゲット♪
家で初めて成功したバゲット




ご訪問ありがとうございます。

↓クリックしてくださると嬉しいです↓
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

ル・コルドン・ブルー本科パン講座第8回

こんにちは!

ル・コルドン・ブルー本科パン講座第8回に行って来ました。

今回習ったのは、ブール・マルゲリート、パン・ブリエ、トレス、バゲットです。

クミの作品は、こちらです。


クミ作
クミの作品


トレスは、編みパンです。
3つ編み、2本編み、1本編みを習いました。

3つ編みは、髪を編むあのやり方なので分かりましたが、2本編みは、
難しかったです。



まず、シェフが、2本編みのデモンストレーションをしました。

それを見ながら、私は、必死にノートにメモ。
最初のところは、なんとかメモしましたが、途中から頭がこんがらがり、
メモを断念。

私の隣でデモを見ていたFさんが、「最後まで見てやっと分かるよね。」
と言いました。「えっ? 最後まで見ても分からないんだけど・・・」と私。

シェフが、「はい、皆、実習して。」と言い、
皆、自分のスペースへ行って、実習を始めました。


私の右隣りで作業しているAちゃんは、若いだけあって呑み込みが早く、
サッサと2本編みを編み上げました。

私は、最初しか分からず困っていると、シェフが来て、
「これをここへ持ってきて。」と指示してくれました。
私が、その通りにすると、
「次は、これを持ち上げて、これをその下へ持ってきて。」と、シェフ。
シェフの指示通りにして2本編みが出来上がりました。

あぁ、出来てよかった。

しかし、指示があったから出来たものの、依然として頭が混乱し、
編み方は覚えられませんでしたが・・・トホホ・・・

私の左隣りのJさんも、シェフに助けてもらっていました。


(レッスンで作った2本編みのトレスを家で撮影しました。それがこちらです。)


2本編みのトレス(クミ作)
クミ作4つ編み



それから、バゲットの成形でした。
バゲットは、今まで何回か実習しました。

シェフが、
「皆、生地の丸め方、ちゃんと分かってる? こうやるんだよ。」
と、皆の前で、やって見せてくれました。

あれっ、私が今までやっていたのと違う。そうやって丸めるのか・・・
と私。

私は、今習った丸め方に改めて、バゲットの成形をしました。
ところが、慣れていないので、なかなかうまく丸められず、それがひびいて、
焼成したら、クープがあまり開かず、ひどいバゲットが出来てしまいました。


シェフが、
「今日は、バゲットの品評会をやるよ。皆、自分のバゲットと名札を持ってきて、
ここへ並べて。」と、言いました。

ずら~と並んだ皆のバゲット。
皆、すごく上手。
げげっ、私のバゲットが1番ぶさいく! 


「どのバゲットが1番良く出来たか、皆で1本選んで。」と、シェフ。

皆、Fさんのが良く出来てるね、とか、Sさんのが良いな、とか
Tちゃんのが良いかな、と、意見が分かれました。

シェフは、
「長さ、形、クープの開き方、焼き色。 これが1番良く出来たね。」
と言って、Tちゃんのバゲットを選びました。

Tちゃん、すごい! 皆で、拍手。



こちらは、今回のシェフの作品です。


シェフ作
シェフの作品


さすが、シェフの作品は、美しい~



レッスンが終わり、Jさんと一緒に更衣室へ戻るとき、Jさんが、
「2本編みのトレスが、よく分からなかった。落ち込むわ~」と、言いました。

「2本編みのトレスが、分からなかったのも去ることながら、バゲットの出来が
 ひどくて、落ち込むわ~」と私。

更衣室に入ると、いつも陽気なTちゃんが冗談を言って、皆を笑わせていました。
私も一緒になって笑ううちに、落ち込みから回復。
元気に家路につきました。




その日の夜。

どうしても2本編みが気になる・・・

紐を2本出してきて、2本編みのトレスとにらめっこしながら、
あれこれやってみました。

あぁ、こうやるのか、と、やっと分かった私。


バゲットも気になる・・・

今週は、家でバゲットを作って、少し練習してみましょう。





ご訪問ありがとうございます。

↓クリックしてくださると嬉しいです↓
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

ル・コルドン・ブルー本科パン講座第7回

こんにちは!

ル・コルドン・ブルー本科パン講座第7回に行って来ました。

今回習ったのは、パン・オ・ノワ、バンズ、パン・ブリエです。

クミの作品は、こちらです。


クミ作
くみの作品


パン・ブリエ、パン・オ・ノワを拡大すると・・・


パン・ブリエ(左) パン・オ・ノワ(右) 
クルミパン



パン・オ・ノワは、クルミパンです。

私は、クルミが好きなんですよね。

このパン・オ・ノワは、見た目もおしゃれだし、美味しいしで、
とっても気に入りました。

そのうち、家で作ってみようと思います。



こちらは、シェフの作品です。


シェフ作
シェフの作品


拡大すると・・・


シェフのパンブリエ




パン講座で習うパンは、どれも美味しくて、私は、ついつい食べ過ぎて
しまいます。
この講座に通い出してから、体重が、1.5kgも増えてしまいました。


1回目の初めに、シェフが、

「私のミッションは、この半年で、皆さんの体重を5kg増やすことです。」

と、言いました。

シェフのミッションが成功しそうで、恐ろしい・・・


食べ過ぎには、注意しましょう。




ご訪問ありがとうございます。

↓クリックしてくださると嬉しいです↓
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

プロフィール

クミ

Author:クミ
ベターホームのお料理教室に通って10年、17講座を終了しました。毎日、お教室で習った料理を作って、家族で美味しく食べています。
2015年に、ル・コルドン・ブルー本科パン講座を修了し、パンディプロムを取得しました。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

カウンター

ランキング

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています↑ 良ければクリックお願いします♪

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる