11
:
1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
   

ル・コルドン・ブルー本科パン講座第6回

こんにちは!

ル・コルドン・ブルー本科フランスパン講座第6回に行って来ました。
シェフは、Dシェフでした。


今回、習ったのは、バゲット、ピザ、エピ(パン・オ・ラール・
エ・オ・フロマージュ・エ・ミクス)です。


私の作品は、こちらです。


エピ、バゲット、ピザ(クミ作)
クミの作品


どれも、とても美味しく出来ました。 
(家に持ち帰ったピザを食べた娘が、大絶賛してくれました。)



こちらは、シェフの作品です。


シェフ作
シェフの作品



そして、今日は、特別に、シェフが、大きなピザを作ってくれて、
皆で一緒にランチしました。


これが焼く前の状態。

ピッツァ(焼く前)


これが、焼き上がったピザです。

完成したピッツァ



シェフ、通訳さん、アシスタントさんとパンの生徒で、ワインを飲みながら、
ピザをいただきました。

私は、ワインは大好きなのですが、アルコールに弱いので、数種類少しずつ
いただきました。どれも美味しくてびっくり。

ピザも絶品でした。



皆、ワイワイ盛り上がる、盛り上がる。

そこへ、フランス人の校長先生が入って来て、

「料理のクラスは、今日は、鳩を料理してるよ。鳩の首を落とすのに、
 皆、キャーキャー言って、先生やって~!って言ってるよ。」

と言いました。
 
それを聞いて、若い子たちは、「鳩の首を落とすの? やだ~!」
と大騒ぎ。



少しして、校長先生が、わざわざ鳩を持ってきて見せてくれました。

頭には、ちゃんと羽が生えていて、目もあるけれど、首から下は、
羽が全部取ってあって、つるつるしてました。

それを見たシェフが、「すっぽんぽん!!」と、言いました。

皆、顔を見合わせて、「えっ、すっぽんぽん?」

誰かが、「どこで、そんな日本語を覚えたんですか?」と聞くと、

シェフは、下を向いて、首を横に振るばかり。



また少しして、校長先生が、落とした鳩の頭がいっぱい入ったボールを
持って来ました。

校長先生いわく、フランスでは、鳩の頭の切り口から中身を吸って
食べるのだそうです。目も吸って食べるそうです。

へぇ~、所変われば、ですね。

ワイワイキャーキャー盛り上がったランチでした。



午後は、バゲットとエピの成形や焼成がありました。

アルコールの入った後だったので、皆、しんどそうでしたが、
ちゃんとこなしました。





ご訪問ありがとうございます。

↓クリックしてくださると嬉しいです↓
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ル・コルドン・ブルー本科パン講座第5回

こんにちは!

ル・コルドン・ブルー本科フランスパン講座第5回に行ってきました。

今回習ったパンは、パン・ド・カンパーニュ、クロワッサン、
パン・オ・ショコラ、バゲットです。


クミの作品は、こちらです。


クミ作
クミの作品


それぞれ拡大すると・・・


クロワッサン、パン・オ・ショコラ
クロワッサン


私、クロワッサンとパン・オ・ショコラが大好きなんですよね。
すごく美味しいです。



パン・ド・カンパーニュ
パン・ド・カンパーニュ


これは、ライ麦粉が入ったパンです。
これもすごく美味しいです。



バゲット
バゲット


バゲットも美味しいです。

バゲットは、クープを入れるのが難しいです。

レッスンで作った時は、綺麗にクープが開きましたが、
家では、何度作っても、クープがあまり開かなくて、横の所が
爆発しちゃうんですよね。

私のクープの入れ方が、浅すぎるようです。
次回のレッスンでも、バゲットをやるので、クープをばっちりきめたいと
思います。



シェフが、パンの試作をしました。


シェフの試作品
シェフの試作品


さすが、シェフ。綺麗に作りますね。



こちらは、シェフの作品を展示したものです。


シェフの作品


レッスンの最後に、シェフの作品を、皆で試食しました。
とても美味しかったです。




ここで、お教室にある設備を紹介したいと思います。

こちらは、平がまです。


平がま
平がま


これで、バゲットなどのハード系のパンを焼きます。

立派な平がまで、パンがすごく美味しく焼けます。
まるでマジックの様です。



こちらは、オーブンです。


オーブン
オーブン


これで、クロワッサンや、ブリオッシュなど、柔らか系のパンを焼きます。



こちらは、発酵器です。


発酵器
発酵機


低温発酵もできます。



これだけの設備がある教室で、パン作りが学べて、本当にうれしく思います。

これからのレッスンも楽しみです。





ご訪問ありがとうございます。

↓クリックしてくださると嬉しいです↓
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

ル・コルドン・ブルー本科パン講座第4回

こんにちは!

いかがお過ごしですか。


ル・コルドン・ブルー本科パン講座第4回に行って来ました。

前回に引き続き、シェフは、オリビエでした。

今回習ったのは、パン・オ・オリーブ、パン・オ・オニオン、ブリオッシュです。



パン・オ・オリーブとパン・オ・オニオンは、手捏ねでした。

生地が、べとついて、捏ねにくいのなんのって。

私は、生地と格闘するも、あぁ、もうダメ、と思って、

「シェフ! シェフ!」と、大きな声で、シェフを呼びました。

なのに、シェフは、ドアを開けて出て行ってしまいそう。

さらに大きな声で、「ちょっと!」と言ったら、

くるっと振り向いて、来てくれました。

あれっ、日本語の方が通じた。


そして、シェフは、捏ねるのを手伝ってくれました。

シェフは、お相撲さんの様に体が大きくて、

力いっぱい生地を叩き付けて捏ねるので、迫力満点。

まもるさん(ブティック用のパンを作っている人)が、それを見て、

「あの迫力でやられたら、どんな生地も言うこと聞いちゃいそうですよね。」

と言ったのが、おもしろかったです。



それから、ブリオッシュの成形を習いました。

へぇ~、ブリオッシュってこうやって成形するんだぁ。



そんなこんなで、出来上がった私の作品がこちら。



パン・オ・オリーブ、パン・オ・オニオン、ブリオッシュ(クミ作)
オリーブパン


シェフいわく、

「クミのブリオッシュは、頭がでかい。」



そして、シェフの作品がこちら。


シェフ作
シェフのオリーブパン


う~む、シェフのブリオッシュは、美しい。
他のパンも素晴らしい。


そして、お待ちかねの試食タイム。

いただきま~す。

す、す、すごく美味しい~!

こんな美味しいパンと一緒にフランス料理を食べたら、どんなにいいでしょう。




今日で、オリビエのレッスンは、おしまいです。

シェフは、フランスへ帰ってしまいます。

すごくいいシェフで、いろいろ教えてくれました。

お別れするのは、寂しいなぁ。

最後に、シェフと2ショットで写真を撮ってもらいました。

シェフ、メルシー。




ご訪問ありがとうございます。

↓クリックしてくださると嬉しいです↓
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

プロフィール

クミ

Author:クミ
ベターホームのお料理教室に通って10年、17講座を終了しました。毎日、お教室で習った料理を作って、家族で美味しく食べています。
2015年に、ル・コルドン・ブルー本科パン講座を修了し、パンディプロムを取得しました。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

ランキング

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています↑ 良ければクリックお願いします♪

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる