10
:
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
26
27
28
29
30
31
   

ル・コルドン・ブルー本科パン講座 第3回

こんにちは!

本科パン講座第3回に行って来ました。

今回と次回は、シェフのステファンのかわりに、パリ校から来日した
シェフのオリビエが教えてくれます。

今回習ったパンは、バゲット、パン・コンプレ、プチ・パン・オ・レです。

プチ・パン・オ・レは、手捏ねですが、それ以外は、機械捏ねでした。

機械捏ねは、初めてだったので、機械の操作や生地の状態など、
勉強することが沢山あり、結構ハードでした。



ルセット(材料表)はくれますが、レシピはくれないので、
私は、シェフが説明したことや見たことを、全部ノートに書いています。

レッスンでは、何種類ものパンを並行して習うので、私は、
頭がこんがらがってしまいます。

とにかく、私は、必死にノートを取り、分からないことは、
どんどん、シェフに質問しています。
シェフは、どんな質問にも、丁寧に答えてくれます。

そして、私は、家で、ノートを整理して清書しています。
そうすることで、レッスンで習ったことが、きちんと理解できます。
ノートの整理は、必須ですね。

そして、次回までに、習ったパンを1種類くらい、家で作ってみています。
それをすることで、新たに気づく点があり、とても勉強になります。



さて、私が、レッスンで作ったパンがこちらです。


バゲット、パン・コンプレ、プチ・パン・オ・レ(クミ作)
第3回クミ作


1人ずつ名前が呼ばれて、自分の作品をシェフの所へ持っていって、
採点してもらいます。批評もしてくれます。

私の作品に対するシェフの批評は、

「バゲットのクープは、(初めてにしては)うまく開いている。
 プチ・パン・オ・レのはさみも、綺麗に入っている。
 パン・コンプレは、生地をもっと締めた方が良かったね。」

というものでした。

シェフの批評は、とても勉強になります。



こちらは、シェフが作ったパンです。


シェフ作
第3回シェフ作1



第3回シェフ作2



第3回シェフ作3


さすがは、シェフですね。

バゲットのクープがすごく綺麗に開いてるし、パン・コンプレのクープが
見事に入っています。

それと、プチ・パン・オ・レは、とても美しく、はさみが入っています。

私もこんな風にクープが入れられる様になるといいなぁ。



最後に、シェフが作ったパンを、ブルーチーズやシェフ特製のジャムをのせて
試食しました。

すごく美味しい~! あぁ、しあわせ~

これがあるから、レッスン通いは、やめられません。


あれ~、いいタイミングで、料理のシェフやお菓子のシェフも来た。
皆で、おいしいパンをいただきました♪




ご訪問ありがとうございます。

↓クリックしてくださると嬉しいです↓
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ル・コルドン・ブルー本科パン講座 第2回

こんにちは!

本科パン講座第2回に行って来ました。

クロワッサン、パン・オ・ショコラ、プチパンファンテジー(ハリネズミ)を
習いました。

いずれも、手捏ねです。


翌日の世田谷パン祭りに、ル・コルドン・ブルーも出店するそうで、
パンのシェフが集まって、私達の隣で、それ用のパンを作っていました。

私達が、生地を捏ねていると、オーブンから、ぷ~んと、シェフ達の
焼いているパンのいい匂いがしてきました。

シェフが、
「皆さんが、生地がうまく捏ねれたら、ご褒美にパンを試食させてあげますよ。」
と言いました。

「わ~い!」と私。

生地がうまく捏ね上がり、シェフ達が焼いたパンを試食させてもらいました。

りんごやレーズンが入ったブリオッシュと、オレンジのペーストが入った
パンでした。

すごく美味しかったです。



生地を手で捏ねるのって、すごく楽しいです。私は、手捏ねが大好きです。

レッスンで私が作ったパンがこちらです。


クロワッサン、パン・オ・ショコラ、ハリネズミ(私作)
クロワッサンとハリネズミ


それぞれ、拡大すると・・・


クロワッサン、パン・オ・ショコラ
クロワッサン



ハリネズミ
プチパン・ファンテジー



そして、シェフの作ったパンがこちらです。


シェフ作
シェフのクロワッサン


さすが、シェフの作ったハリネズミは、かわいいです。


シェフの作ったパンを試食しました。
とても美味しかったです。

私が作ったパンは持ち帰り、家族と一緒に食べました。
とても美味しく出来ました。家族からも好評でした。




後日、家で、クロワッサンを作ってみました。

捏ね、発酵温度、バターの折り込み、焼成温度や焼き時間もレッスンで
習った通りでうまくいきました。

出来上がったパンがこちらです。


家で作ったクロワッサン
クロワッサンの復習



そして試食。

おや? 何か違う。

レッスンで作ったクロワッサンは、表面は、サクサクして、中は、
しっとりしてました。

家で作ったクロワッサンは、表面が、サクサクというより、
パリパリしてました。

あ~! 粉の影響だ。

レッスンでは、2種類の粉をブレンドして作りました。

家では、1種類の粉しかなかったので、ブレンドせずに作りました。

使う粉によって、こんなにも食感が違うとは!

勉強になりました。



通訳さんが言ってましたが、シェフ達が、粉について語り出したら、
平気で1時間は語るそうです。

それくらい、使う粉にこだわっているそうです。

なるほど~、と思いました。




ご訪問ありがとうございます。

↓クリックしてくださると嬉しいです↓
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

ル・コルドン・ブルー本科パン講座 第1回

こんにちは!

ご無沙汰しておりましたが、皆様、お元気でしたか。


さて、私は、今月から、ル・コルドン・ブルーの本科バン講座に
通い始めました。

私達のクラスを教えて下さるシェフは、フランス人のステファンです。

(私は、以前、デビューレッスンで、何人かのシェフにパンを習いました。
 その中で、ステファンが、一番丁寧で、細かいところまで教えてくれたので、
 本科では、ステファンのクラスだといいな、と思っていました。
 その通りになって、本当に良かったです。)

それと、この通訳さんがいいな、と思っていた通訳さんだったので、
本当にラッキーでした。


私達のクラスは、生徒が11人います。全員、女性です。
年齢は、若い人から、私より少し年上の人まで、幅広いです。

将来プロのパン職人になりたい人や、私みたいに趣味でパン作りを
楽しみたい人など、目的は、さまざまの様です。


初回のレッスンでは、小麦粉の種類や、フランスのパン屋さんの
パン作りの仕方など、説明がありました。

そして、プチ・パンを手捏ねで作りました。


材料の計量も、自分達でします。

シェフの実演に続いて、各自実習します。

やはり、本科では、シェフの説明も詳しく丁寧だし、基本からきちんと
教えてくれます。
デビューレッスンでは、習えない様な細かいところまで習えるので、
本科はいいな、と思いました。

レッスンは、朝10時から始まって、途中、お昼休みが1時間あり、
夕方5時まで続きます。


私が作ったプチ・パンがこちらです。


プチ・パン(私作)
プチ・パン


シェフが、パソコンを持ってまわって、生徒の作品を採点していました。
これは、成績に反映されるそうです。



こちらは、シェフが作ったプチ・パンです。


プチ・パン(シェフ作)
シェフのプチ・パン


シェフが作ったプチ・パンに、チーズやジャムをのせて試食しました。
すごく美味しかったです。

それと、シェフが別に作ってくれた菓子パンも頂きました。
これも、とても美味しかったです。

自分で作ったパンは、お持ち帰りでした。

とても楽しいレッスンでした♪




ご訪問ありがとうございます。

↓クリックしてくださると嬉しいです↓
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

ル・コルドン・ブルー本科パン講座オリエンテーション

こんにちは!

いかがお過ごしですか。


9月の、ル・コルドン・ブルーのデビューレッスンで、
プチ・パン・ファンデュ、クグロフ・サレ、というパンを習いました。


私が、レッスンで作って、持ち帰ったパンが、こちらです。


プチ・パン・ファンデュ と クグロフ・サレ♪
クグロフ


とても美味しかったです♪




私は、秋から、ル・コルドン・ブルーの本科パン講座基礎コースを
受講します。週末に通うコースで、半年間です。

それに先立って、先日、オリエンテーションがありました。

(私は、受講する人が、若い人ばかりだったらどうしよう、
 と内心、不安でしたが、オリエンテーションに行ってびっくり。
 私みたいなおばちゃんが、沢山来ていました。)
  

早速、衛生管理の講義があり、小テストがありました。

そして、全回のルセット(材料表)など、配布物がありました。

それと、ユニフォームを受け取りました。




私が、何故、本科パン講座を受講しようと思ったか・・・

それは、デビューレッスンで習ったパンが、どれも、
すご~く美味しかったからです。

それに、パンのデビューレッスンが、すごく楽しかったからです。

それと、パンのデビューレッスンに通って、仲良くなった人が、本科菓子講座を
卒業した人で、その人が、

「デビューレッスンは、あくまで、導入で、本科は、全然違う。
 もっと詳しく丁寧に教えてくれる。
 デビューレッスンに通い続けるのだったら、本科へ行った方がいい。」

と、アドバイスしてくれたからでもあります。


正直言って、本科へ行こうかどうしようか、かなり迷いました。

私は、プロのパン職人になるつもりはないし、受講料もそれなりにするからです。

でも、家で、美味しい、焼き立てのフランスパンが食べたくて、
思い切って、受講を決心しました。

半年間、忙しくなると思いますが、頑張って通って、技術を身につけたいと
思います。




ご訪問ありがとうございます。

↓クリックをお願いします↓
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

プロフィール

クミ

Author:クミ
ベターホームのお料理教室に通って10年、17講座を終了しました。毎日、お教室で習った料理を作って、家族で美味しく食べています。
2015年に、ル・コルドン・ブルー本科パン講座を修了し、パンディプロムを取得しました。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

ランキング

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています↑ 良ければクリックお願いします♪

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる