03
:
2
3
8
14
19
31
   

肉じゃが と ポロネギのみそ汁

今日の我が家のお夕食は、肉じゃが、まぐろのお刺身、ふきと油揚げの田舎煮、
セロリとベーコンの炒め、ポロネギのみそ汁です。


お夕食
お夕食


今日の肉じゃがは、じゃがいもと、玉ねぎ、牛肉だけのシンプルな肉じゃがです。
私は、このシンプルな肉じゃがが好きです。
これを食べるとほっとします。


肉じゃが
肉じゃが


昔食べたふきは、もっとほろ苦かったように思うのですが、
品種改良されたんですかね。最近のふきは、味がマイルドで
食べやすくなったような気がするのですが。

それとも私が、年とったからでしょうか。
このふきと油揚げの田舎煮がすごく美味しいのです。
ちなみに娘は、ふきは、絶対に食べません。


ふきと油揚げの田舎煮
ふきと油揚げの田舎煮


まぐろのお刺身は、最近よく食べますねぇ。
生わさびとしょうゆを付けて食べると、最高なんですわ。


まぐろの刺身と生わさび
さしみ


セロリの葉が余った時に、ベーコンと炒めて、しょうゆで味付けると、
美味しいですよ。これは簡単なので、葉の処分もかねて、時々作ります。


セロリとベーコンの炒め
セロリとベーコンの炒め


先日、フランス料理のだし汁を取った時に使ったポロネギの残りが
冷蔵庫の中にあって、これは、どうやって料理したもんかなぁ、
と思ってました。そろそろ使わないとダメになるので、
今日は、思い切ってみそ汁の実に使いました。

食べてびっくり。甘くて柔らかくて美味しい!
形は、日本の長ネギに似ているけれど、味は、似てなくて、
とてもマイルド。だから、なんにでも合うんですね。
みそ汁にしてもグッドでした。

あとまだ少し残っているので、それは、コンソメスープの実にしようと
思います。


お読み頂きありがとうございます。
↓よろしければクリックお願いします↓
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

とびきり美味しいオニオングラタンスープ

今日の我が家のお夕食は、オニオングラタンスープ、とり肉のガーリック焼き、
コールスローサラダ、ごはんです。


お夕食
お夕食


先々週、ル・コルドン・ブルーのデビューレッスンで、オニオングラタンスープの
作り方を習いました。

このスープを作るには、美味しいだし汁が必要です。
だし汁を取るための材料は、仔牛の骨、鶏ガラ、ポロネギなどです。
材料を揃えるのに、少々手間がかかりましたが、なんとか揃いました。
先日、それを使って、だし汁を取り、冷凍保存しておきました。
今日は、それを解凍して使いました。

お教室では、玉ねぎの炒め方のコツも丁寧に教えてもらいました。
今日は、それを思い出しながら、玉ねぎが茶色になるまで炒めました。
そして、だし汁を入れて煮て、塩、こしょうで味付けました。

器にスープを入れ、薄く切ってオーブンで焼いたフランスパンを入れ、
チーズをのせて、オーブンで焼きました。
こうして出来上がったのが、下の写真です。

食べて驚きました。
玉ねぎの甘さと、だし汁の旨さ、とろけたチーズが重なって、すごく美味しい!
この深い味わいは、固形ブイヨンでは、到底出せません。
オニオングラタンスープが大好きで、フランスへ旅行した時、行く先々の
レストランでオニオングラタンスープを食べていた娘が、
私の作ったスープを食べて、「とびきり美味しい!」と言いました。
このスープは、今後、私の得意料理になりそうです。


オニオングラタンスープ
オニオングラタンスープ


とり肉のガーリック焼きは、ベターホームの本「肉料理」を見て作りました。
これは、簡単で美味しいです。


とり肉のガーリック焼き
とり肉のガーリック焼き


コールスローサラダも美味しかったです。


コールスローサラダ
コールスローサラダ


美味しいお夕食で、ハッピーな我が家でした。


お読み頂きありがとうございます。
↓よろしければクリックお願いします↓
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

簡単うどんのレシピ

今日は、出かけていたので、夕食は、簡単に出来るうどんを作りました。


うどん
うどん


このうどんは、すぐ出来るので、今日の様に時間がなかったり、
疲れていて何もしたくない時などに、よく作ります。
そこそこに美味しいので、家族のうけも良いです。

今日は、このうどんの作り方をご紹介しようと思います。


材料は、鶏肉、油揚げ、干ししいたけ、長ねぎ、ゆでうどん、
    キッコーマン本つゆです。

(時間のない時は、だし汁がどうのとか言ってられません。
 なので、本つゆを使います。)

準備 干ししいたけは、前もって水に浸して戻しておきましょう。

   油揚げは、熱湯につけて、油抜きをしておきます。
   (何枚かまとめて油抜きして、水気をきり、1枚づつラップにくるんで
   冷凍しておくと、すぐ使えて便利です。)

①鶏肉は、1cm角に切ります。
 油揚げは、縦半分に切り、たんざく切りにします。
 干ししいたけは、半分にそぎ切りにし、薄切りにします。戻し汁も使います。
 長ねぎは、小口切りにします。(緑の部分も入れると色どりが綺麗です。)

②①を鍋に入れます。
 水と干ししいたけの戻し汁を入れます。
 (戻し汁を入れる時は、砂のような物が入らない様に
  あく取りを通して入れましょう。)

③沸騰したら、あく取りであくを取りましょう。

④鶏肉に火が入ったら、本つゆを入れましょう。
 (味をみて、本つゆの量を調整して入れましょう。)

⑤ゆでうどんを入れて、はしでほぐし、少し煮たら出来上がりです。

もしよろしければ、作ってみて下さい。


お読み頂きありがとうございます。
↓よろしければクリックお願いします↓
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

とんかつ と ふきと油揚げの田舎煮

今日の我が家のお夕食は、とんかつ、ふきと油揚げの田舎煮、
あさりのみそ汁、ごはん、いちごです。


お夕食
お夕食


とんかつは、たっぷりの油で、高温で揚げました。
衣がカリッとして、お肉が柔らかく揚がりました。
とても美味しかったです。


とんかつ
とんかつ


ふきは、日本原産の野菜だそうですね。
ふきは、下茹でした後、皮をむく作業をするのですが、
スルーとむけるので、結構楽しいです。
田舎煮も、とても美味しく出来ました。
この料理は、ベターホームのお料理教室「和食基本技術の会」で習いました。


ふきと油揚げの田舎煮
ふきと油揚げの田舎煮


我が家のみそは、私の手作りです。
あさりのみそ汁は、あさりの美味しいだしと、私の作った美味しいみそが
コラボして、とても美味しかったです。


あさりのみそ汁
あさりのみそ汁


ところで、今日は、娘が美容院に行くので、娘と一緒に車で、家を出ました。
ジャスコの隣にある美容院で、娘を降ろし、私は、ジャスコの中にある
本屋さんで、本を眺めて、娘が終わって来るのを待つことにしました。

雑誌のコーナーへ行くと、向井理くんが表紙の雑誌を発見。
手に取って見ると、向井くんと石田衣良さんの対談が載っていました。
テーマは、「恋愛」。
これは、向井くんファンの私としては、とても興味があります。
じっくり読ませていただきました。向井くんは、恋愛や仕事に対して、
しっかりした考えを持っているな、と感心して、
次は料理の本のコーナーへ行きました。

最近、にわかに興味を持っているフランス料理に関する本を見ました。
フランス料理の歴史や、だし汁のことなど、興味深く読ませていただきました。

娘が、美容院が終わって本屋に来て合流し、2人でジャスコでお買い物を
して帰って来ました。
結構、楽しい1日でした。


お読み頂きありがとうございます。
↓よろしければクリックお願いします↓
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

今日もお刺身食べました

私の住む町には、桜並木がいたるところにあって、今、満開で、
とても綺麗です。

今日のお夕食は、まぐろのお刺身、かぼちゃのそぼろあん、
たこときゅうりの三杯酢、みそ汁、ごはんです。

かぼちゃのそぼろあんと、たこときゅうりの三杯酢は、
ベターホームのお料理教室「和食基本技術の会」で習いました。


お夕食
お夕食


先日、伊豆で生わさびを買ってきてから、お刺身にはまって、
毎日食べています。生わさびとおしょうゆをつけて食べると、
とても美味しいです。


まぐろのお刺身と生わさび
さしみ


私は、かぼちゃが好きなので、かぼちゃのそぼろあんは、よく作ります。
とても美味しいです。


かぼちゃのそぼろあん
かぼちゃのそぼろあん


たこときゅうりの三杯酢も、さっぱりしていて、とても美味しかったです。


たこときゅうりの三杯酢
たこときゅうりの三杯酢


今日は、娘が、お出かけして、外で食べてくるので、
夫婦だけのお夕食でした。
娘が、元気で、楽しそうにしているのを見るのは、
うれしいです。


お読み頂きありがとうございます。
↓よろしければクリックお願いします↓
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

フランス料理のだし汁

今日は、フランス料理に使う、だし汁を取りました。

材料は、牛骨(仔牛の骨)、鶏ガラ、ポロネギ、香味野菜などです。
鍋に材料と水を入れて、1時間半、コトコト煮ます。

深みのある、とても美味しいだし汁が、取れました。

小分けにして、冷凍しました。
近いうちに、このだし汁を使って、オニオングラタンスープを作る予定です。


フランス料理のだし汁
だし汁


日本料理のだし汁は、昆布とけずりがつおで取りますね。
中国料理のだし汁は、鶏ガラ、長ねぎ、生姜で取ります。

だし汁を取る材料も違うし、味も違う。
食文化の違いって、面白いなぁ、と思いました。


ポロネギは、今回初めて購入しました。
どんな味がするのか、かじってみました。
白い部分は、玉ねぎの様な味で、辛みがありました。
緑の部分は、全く辛くなくて、とても甘かったです。
日本の長ねぎとは、全く味が違っていました。


牛骨は、グルメミートワールドさんで、購入しました。
とても質の良い牛骨でした。
次回もここで購入しようと思います。



お読み頂きありがとうございます。
↓よろしければクリックお願いします↓
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

まぐろのお刺身

昨日、お出かけして疲れたので、今日は、家でゆっくりしていました。

お夕食に、昨日買って来た生わさびをすりおろして、まぐろのお刺身を
食べました。とても美味しかったです。


まぐろのお刺身
まぐろの刺身


それでは、今日は、このへんで。


お読み頂きありがとうございます。
↓よろしければクリックお願いします↓
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

春らんまん

春らんまん。
今日は、家族で、伊豆へドライブに行きました。
車窓から、満開の桜、色とりどりの花々を楽しみました。


ドライブの途中、伊豆アニマルキングダムに寄りました。

ウォーキングサファリを歩いて廻って、動物たちを身近に見たり、
キリンやダチョウにえさをあげたりしました。
ふれあい広場で、ハリネズミやアルマジロを抱っこしたり、
カピバラをなでたりしました。

とても楽しかったです。動物たちに、癒されました。


帰りに、生わさびを買いました。
すりおりして、お刺身につけて食べようと思います。


生わさび
生わさび



お読み頂きありがとうございます。
↓よろしければクリックお願いします↓
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

カルボナーラ と 焼きぎょうざ

今日は、娘のリクエストに応えて、
お昼に、カルボナーラを
お夕食に、焼きぎょうざ、春雨サラダ、豆腐とわかめのみそ汁を
作りました。


お昼
カルボナーラ



お夕食
お夕食


このところ、私は、忙しくて、たいして料理をしませんでした。
今日は、久しぶりに料理をしました。

そして思ったことは、
料理って楽しい!
きちんと作った料理は、美味しい!
家族と、美味しく食事ができるのは、うれしい!
です。

ところで、今日の午後、待望の牛骨が、宅配便で届きました。
なかなか良さそうな牛骨です。
だしを取るのが楽しみです。


お読み頂きありがとうございます。
↓よろしければクリックお願いします↓
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

だしを取るのに必要な食材を買いました

今日は、ジャスコに行き、駐車場に車を止め、とことこ歩いて
街のお肉屋さんへ、鶏ガラを買いに行きました。

私がお店に入ると、店番のおばあさんが、
「この前、電話もらったけど、家は、鶏しか扱っていないからねぇ。」
と言いました。

先日、デパートで牛骨が手に入らずに帰宅した時、
このお店で扱っているかもと思い、問い合わせの電話をしました。
すると、おばあさんが電話に出て、
「うちには、おいてないねぇ。」と言ったのでした。

私が、「牛骨は、他で買えそうですよ。そしたら、鶏ガラと一緒に煮て
だしを取ろうと思ってね。」と言うと、
おばあさんは「そう。」と言って、鶏ガラを出してきてくれました。
それを買って、ジャスコへ戻りました。

食料品売り場で、だしを取るのに必要な食材をいろいろ買いました。
これで、準備ができました。
あとは、牛骨が到着するのを待つのみです。


お読み頂きありがとうございます。
↓よろしければクリックお願いします↓
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

ポロネギと牛骨

先日、ル・コルドン・ブルーで、オニオングラタンスープの
デビューレッスンを受けた。とても美味しかった。
これは、是非、家でも作りたい。
オニオングラタンスープを作るのに、だし汁がいる。
だし汁を取るのに、ポロネギと牛骨が必要だ。
これは、私の住んでいる町では、手に入らない。
さて、どこで手に入れようか。
レッスンの帰りに、電車を途中下車して、あるデパートの食糧品売り場へ
行ってみた。

まず、野菜売り場へ行き、ポロネギを探すが見当たらない。
店員に、「ポロネギは、ありますか?」と聞いてみた。すると、
「ポロネギは、置いてませんねぇ。もしお客様の方で良ろしければ、
お取り寄せ致します。」と言う。へぇ~、そりゃありがたい。
取り寄せをお願いすることにした。

次に、肉売り場へ行った。
ここでも、牛骨は店には置いていないが、取り寄せてくれると言う。
私は、火曜日に、ここに来る用事がある。両方の店に、
「火曜日に取りに来ますので、それまでに取り寄せて下さい。」とお願いした。

火曜日になった。
まず、野菜売り場へ行った。店員に、
「ポロネギの取り寄せをお願いしたのですが、入荷しましたか?」と聞いた。
すると、店員が「少々お待ち下さい。」と言って、奥へ行き、戻ってきた。
「今、係りの者が参ります。少々お待ちください。」と言う。
少しすると、別の店員が、ポロネギを持って来た。3本ある。
あれ?私は1本頼んだはずだが、と思い、
「あの~、1本だけお願いしたんですが。」と言うと、店員がにこにこして、
「どれでも、お好きなものをお持ち下さい。」と言う。
へぇ~、選ばせてくれるの?何てうれしい。
私は、青い部分の立派なものを選んだ。
「これを頂くわ。」と言うと、店員が、
「ありがとうございます。また、いつでもご用命下さい。」と笑顔で言った。
感じの良い店である。

次に、肉売り場へ行った。店員に、
「牛骨の取り寄せをお願いしたのですが、入荷しましたか?」と聞いた。
すると、店員が「少々お待ち下さい。」と言って、奥へ行き、戻ってきた。
「3時に入荷します。」と言う。
え~っ、2時間も後ではないか。う~ん、参ったなぁ、と思ったが仕方がない。
「じゃあ、3時にまた来ます。」と言って店を出た。
本屋などで時間をつぶして、3時になった。
肉売り場へ行き、店員に、
「牛骨は、入荷しましたか?」と聞くと、
「まだです。4時か5時には、入荷しますよ。」と言う。
何~っ!、人を2時間待たせておいて、さらに2時間待てと言うのか。
ふざけんなっっ!!である。私は、
「これ以上は、待てません。牛骨はいりません。ありがとうございました。」
と言って店を出た。
同じデパ地下でも、店によって、接客が大きく違うものである。

仕方なく家に帰り、ネットで牛骨を販売している店を探し、通販で
購入することにした。注文を受け付けました、とその店からメールが来た。
商品が届くのを待つことにする。
だし汁を取るのは、それからである。



ポロネギ
ポロネギ



お読み頂きありがとうございます。
↓よろしければクリックお願いします↓
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

プチ・ガトー・ブルトゥイユ@ル・コルドン・ブルー

プチ・ガトー・ブルトゥイユ
プチ・ガトー・ブルトゥイユ


これが、ル・コルドン・ブルーのサブリナレッスンで、
私が作った「プチ・ガトー・ブルトゥイユ」である。
ビスキュイ、プラリネのフィユテ、ピスタチオのムースを重ねて作った。
私が箱からお菓子を出すと、主人と娘が「おぉ~!」と、驚嘆の声を発した。

夕食後のデザートにいただいた。
すごく美味しい。私は、自分が作ったお菓子の味に、うっとりである。
主人が、一口食べるなり、「プロの味!」と言った。
そうだろう、そうだろうと、私は、得意である。

私は、今まで、こういうフランス菓子が習いたかったのである。
やっと、それを教えてくれる良いお教室が見つかった、という気持ちである。
「私がお菓子を習いに行けば、いつでも、こんなに美味しいお菓子が
食べられるのだよ。」主人を押すのも、もう一息である。


お読み頂きありがとうございます。
↓よろしければクリックお願いします↓
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

ル・コルドン・ブルーのサブリナレッスン レビュー

私は、お菓子を作るのが、好きである。
ベターホームの「お菓子の会」「スイーツの会」を修了し、お菓子作りの
基礎は学んだつもりである。次なるステップのお菓子作りが学べる
良いお教室はないかしら、と常々思っていた。
そんなとき、ル・コルドン・ブルーのサブリナレッスンを知った

サブリナレッスンは、1日講座である。2つのレベルがあって、トック1、
トック2という。トックとは、シェフ帽のことである。
トック1は、料理の経験が多少ある人向け、トック2は、家庭で料理を
作ることに慣れ親しんでいる人向け、とある。
私は、トック1なら、難なくこなせるだろうと思い、トック1の
「プチ・ガトー・ブルトゥイユ」を習うレッスンに申し込んだ。

(昔、「麗しのサブリナ」という映画を観た。
オードリー・ヘップバーン扮するサブリナが、料理学校で、卵の割り方を
習うシーンがあった。その学校が、ル・コルドン・ブルーだったことを
ごく最近知った。サブリナレッスンは、彼女の名にちなんだそうである。)

その後、トック1のレッスンを受けた人と話をする機会があった。その人は、
トック1でもかなりレベルが高く、ついていくのが大変だったと言っていた。
それを聞いて、私は、かなり動揺した。自信が揺らいだのである。
私は、レッスンをキャンセルしようかしら、とまで悩んだ。
だが、この学校は、申込み後のキャンセルや変更は受け付けないという
厳しい学校である。私は、かなり不安な気持ちでレッスンへ出かけた。

学校には、お昼頃着いた。レッスンは、午後2時から始まる。
まずは、腹ごしらえである。
学校の1階は、ブティックになっていて、ショーケースには、美味しそうな
パンやケーキがいろいろ並んでいる。値段も案外安い。
私は、クークというパンとコーヒーを注文した。

このクークは、見た目がとても美しい。いわゆるデニッシュで、中には、
カスタードクリームと生クリームが入っており、上には、フランボワーズと
いちごがのっていて、ブルーベリーソースがかけてある。
私は、一口食べてみた。あまりの美味しさに、うっとりである。
これは凄い。こんなに美味しいクークを食べたのは、初めてである。
私は、ゆっくり味わいながら食べた。
お店の人に聞くと、ここで売っているパンやお菓子は全て、
学校でブティック用に作っているそうである。
こんなに美味しいパンを作る学校なら、お菓子のレッスンが難しくても、
少し頑張ってみようかな、という気持ちがしてきた。

待合室には、まだ誰も来ていなかった。私は、緊張しながら待っていた。
そこへ、1人の若い女性が勢いよく入ってきた。私を見て、
「待合室は、ここですか?」と聞く。「そうです。」と私は答えた。
「ここでレッスンを受けるのは、初めてですか?」と聞くと、そうだと言う。
「お菓子は、よく作りますか。」と聞いてみた。すると、
「最近、お友達に習って、お菓子作りを始めました。」と言う。
へぇ~、初心者がいるなら私でも大丈夫かな、と私は思った。
人が集まり、レッスン開始の時間になった。皆、厨房へ移動した。

レッスンは、少人数制である。生徒12人に、先生1人とアシスタント2人が
つく。各自厨房が与えられ、最初から最後まで、自分1人で作る。
皆、先生の回りに集まった。
先生が最初に、「サブリナレッスンが初めての人は?」と聞いた。
私を含め、半分くらいの人が手を上げた。案外多い。

先生が、デモンストレーションを始めた。詳しく丁寧に説明してくれる。
材料表はくれるが、レシピはくれないので、皆、ノートに書き取る。
1工程のデモンストレーションが終わった。
先生が、「はい。ここまで実習して下さい。」と言う。
皆、各自の厨房へ行く。今見たことを思い出しながら、ノートに書いたことを
見ながら実習する。1工程が短いので、案外、難なく出来た。
使い終わったボールなどを洗う。
それが終わったら、筆記用具を持って、先生の回りに集まる。
これの繰り返しである。

しばらくすると、抱いていた不安は消え、楽しくなってきた。
もともと、お菓子作りの好きな私である。こうなると、もうノリノリである。
卵白を泡立てて、メレンゲを作る。私はいつも、電動ハンドミキサーを
使うのであるが、このレッスンでは、基本を教えるため、ホイッパーを使い、
ハンドで泡立てる。この作業も楽しい。
しかし、慣れていないため、手が疲れてきて、
「ひぇ~、こりゃ疲れるぅ~。」と、いつもの調子で、
うっかり声に出して言ってしまった。
先生がすぐ来て、「こうやって泡立てるといいですよ。」と教えてくれて、
手伝ってくれた。とても優しい。

お菓子を冷蔵庫で冷やし固めている間、別室で、ティータイムとなり、
先生も交えて、先生が作ったお菓子と紅茶を頂く。
さすがに、先生が作ったお菓子は、綺麗である。
食べてみると、すごく美味しい。このお菓子は、私好みである。
自分が作ったお菓子は、お持ち帰りとなる。家で食べるのが楽しみである。

最後の仕上げをして、レッスンが終わった。
先生が優しそうな笑顔で見送ってくれた。
とても楽しかった、来て良かった、と思った。
待合室で最初に会った初心者の彼女が、にこにこして「お疲れ様でした~」
と声をかけてくれた。彼女も楽しかった様だ、良かったと思った。
またレッスンを受けに来たいと思う。これは、我が家の大蔵大臣、
つまり主人と相談である。


お読み頂きありがとうございます。
↓よろしければクリックお願いします↓
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

オニオングラタンスープ

昨日のデビューレッスンで、お持ち帰りとなったオニオングラタンスープを
オーブンで温めて、家族で試食しました。

あまりの美味しさに、家族3人共、うなってしまいました。

あのだし汁を使ったからこそ出せた味です。

近いうちに復習して、これは、自分のものにしたいです。


オニオングラタンスープ
オニオングラタンスープ


お読み頂きありがとうございます。
↓よろしければクリックお願いします↓
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

ル・コルドン・ブルーのデビューレッスン  レビュー

ル・コルドン・ブルーは、パリにある、有名なフランス料理学校である。
その日本校が代官山にある。
そこは、プロの料理人になる人が勉強する学校である。
かねてより、フランス料理に興味があったが、私には、無縁な所と
思っていた。
ところが、その日本校で、プロになる人の講座とは別に、
デビューレッスンという、フランス料理初心者のための短期講座が
開かれていることを知った。
私は、主人に無理を言って、デビューレッスンに行くことになった。
今日は、その第1回目である。オニオングラタンスープを習う。

レッスンは、朝10時から始まる。
今朝は、5時起きである。
何せ、片田舎に住んでいるから、家を7時に出なくては、間に合わない。
洗濯を済ませ、風呂を洗い、フェレットのはなの世話をし、朝食を済ませた。
そして、いざ、出陣である。

バスに乗り、電車を乗り継ぎ、代官山に着いた。
代官山の駅から歩いて3分の所にル・コルドン・ブルーはある。
(代官山には、私の大好きな向井理くんの行きつけのブティックがある。
向井くんはいないかしら、とキョロキョロして歩くが、いるはずはない。)

ル・コルドン・ブルーに着いた。
初回の人は、受付で、スターターキットなるものを購入しなければならない。
購入して、中を見てみると、ル・コルドン・ブルーの校章入りのエプロンやら
バインダーなどが入っており、なかなかオシャレである。
待合室で、エプロンをつけて待っているように言われた。

待合室に入ると、一人のご婦人がすでに来ていた。
黙っているのもなんなので、話しかけてみた。
「こちらには、長く通っていらっしゃるんですか?」と私。
「1月から通っています。」とおっしゃる。
「私は、今日が初めてなんですが、ここのお教室は、いいですか?」と私。
「すごくいいです。ですから先月から、お菓子のコースを2コースと
フランス料理のコースを2コース通っていますの。」と、おっしゃる。
えっ?私は、1コース通うだけだって経済的にやっとだというのに、
並行して4コースも通っているの?と驚く私。
しばし沈黙。
「他のお教室に通ってらしたんですか?」とその方が聞く。
「ええ、ベターホームのお教室に長く通っています。」と私。
すると、この方は、「?」という顔をしていらっしゃる。
ベターホームって、マイナーなのかなぁ。
しばし沈黙。
「他のお教室に通ってらしたんですか?」と、今度は、こちらから聞いてみた。
「ええ、東京会館のお教室に通っていました。
とても良いお教室だったんですが、建物を建て替えるために、
お教室がお休みになってしまうので、こちらのお教室に
移ってきました。」とおっしゃる。
えっ?東京会館のお教室?あのセレブの通うお教室?
どうやら、この方と私は、住む世界が違うらしい。

そうこうしているうちに、待合室に人が増えてきた。
係りの人が来て、「お待たせしました。こちらへどうぞ。」と言う。
皆の後について、厨房に入った。

先生は、フランス人である。アシスタントがいて、通訳してくれる。
オニオングラタンスープの歴史の話から始まって、玉ねぎのスライスの仕方、
炒め方などをデモンストレーションしながら、詳しく説明してくれた。
このお教室では、材料表はくれるが、レシピはくれない。
自分で書き取らなければならない。
ここが、懇切丁寧なレシピをくれるベターホームと大きく違うところである。
だし汁の取り方も詳しく説明してくれた。
私は、このだし汁の取り方を習いたくて、はるばるここまでやってきたのである。
必死にメモを取る。

「では、実習を初めて下さい。」と先生が言う。
グループで実習するベターホームと違って、ここでは、実習は、初めから
最後まで、各自1人で行う。
まず、玉ねぎ3個を薄くスライスする。包丁が業務用なのか、家庭用の包丁と
違って大きい。私は、手を切らない様に、慎重にスライスした。

「スライスしたら、炒めて下さい。」と先生が言う。
私はスライスが終わり、ガス台に向かった。
ガス台に向かったのは、私が1番早かった。
私が炒めに入っているのに、皆は、まだガス台に来ない。
あれっ?皆、まだスライスしているの?皆さん意外に遅い。

玉ねぎをよく炒めて、だし汁を入れて煮込み、塩、こしょうで味付けする
段階に来た。
先生が、「塩は、味見しながら少しづつ入れて下さい。」と言う。
先生が、ガス台を回って味を見てくれる。
先生が私の鍋の味見をして、塩を足して「これでOK。」と言った。
OKの味ってどんな味?と私は、自分の鍋のスープをスプーンですくって
飲んでみた。「来た!」の塩加減。う、う、うまい!納得の味である。
先生が作ったスープを試食して、自分が作ったスープは、お持ち帰りとなった。

最後に「質問はありますか。」と先生。
「玉ねぎを切るのが大変なので、スライサーを使っても良いですか。」
と聞く人がいた。
おいおい、玉ねぎ3個くらい包丁を使って切れないの?、と私は、心の中で言う。
「だし汁の代わりに、固形スープを使っても良いですか。」
と聞く人もいた。
えっ?ル・コルドン・ブルーで習って、固形スープを使うの?
固形スープを使うなら、何もここに習いに来なくたって、
と、私はまた、心の中で言う。

授業が終了し、私はまた、はるばる家まで戻ってきた。
うん、今日は、なかなか面白かった。次回も楽しみである。



お読み頂きありがとうございます。
↓よろしければクリックお願いします↓
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村


なすとトマトのスパゲティ

今日のお夕食は、なすとトマトのスパゲティ、海の幸のサラダです。


お夕食
お夕食


なすとトマトのスパゲティは、4年前、ベターホーム
「基本料理の会(洋風・中国風)」で習いました。

習った当初、美味しくて、このスパゲティは、何度も作った記憶があります。
今日は、何年ぶりかで、作りました。

娘と主人は、「美味しい、美味しい。」と言いながら食べていましたが、
私は、「?」と思いました。

「当時は、美味しいと思って食べていたけれど、今、食べてみると、それ程、
美味しくないなぁ。」というのが、私の正直な感想です。

この味は、遠い昔、私が、料理にはまる以前の料理をするのが嫌いだった頃、
茹でたスパゲティに、缶詰のミートソースをぶっかけて、主人と幼い娘と3人で
食べた、あのスパゲティの味に似ている、と思いました。
私にとっては、思い出したくない、過去の歴史です。

レシピを見て考えてみると、トマトソースを作るときに、固形コンソメを1個
入れて煮込んでいる。これがいけない。
これを入れないで、シンプルに、塩と胡椒だけで味付けした方が良くはないか。
そうだ、絶対そうに違いない。

近いうちに、これは是非試してみよう、と思います。


なすとトマトのスパゲティ
なすとトマトのスパゲティ



海の幸サラダも、同会で習いました。
これは、文句なしに美味しい。
これは、今後も作り続けたい料理です。


海の幸サラダ
海の幸サラダ




↓よろしければクリックお願いします↓
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

旬の野菜たっぷり春巻き~飲茶の会

今日は、春らしい穏やかな天気で、気持ちが良かったですね。

今日は、娘と2人で、ショッピングに出かけました。
娘に見てもらい、今の時期に着るコートを買いました。
久しぶりに娘と出かけて、とても楽しかったです。

今日買ったコートを着て、今週の金曜日に、ある所へ出かけます。
初めて行く所なので、不安もありますが、精一杯楽しんで来ようと
思っています。


さて、今日は、先日ベターホーム「飲茶の会」で習った、
旬の野菜たっぷり春巻きを作りました。

お夕食のメニューは、春巻き、くらげと野菜のあえもの、サラダ、スープ、
いちご、ごはんです。


お夕食
お夕食


くらげと野菜のあえものは、数年前、ベターホーム
「基本料理の会(洋風・中国風)」で習いました。
とても美味しかったです。



お教室で春巻きを試食したとき、レモンをかけて、カレー塩をつけて
いただきました。
初めは、「春巻きにレモン?カレー塩?」と、驚きましたが、食べてみて
びっくり。これがすごく合って美味しいのです。
「へぇ~、こういう食べ方もあるんだ~」と感心しました。


今日、家で春巻きをいただいたときは、具に味が入っているので、私は、
そのままで、主人と娘は、からし醤油をつけていただきました。

この春巻きは、家族に好評で、12本作ったのですが、ほとんど
残りませんでした。
家族が美味しく食べてくれてよかったです。



今まで、ベターホームで3種の春巻きを習いました。
「家庭料理の会」で習った、いわゆる家庭的な味の春巻き、
「中国料理の会」で習った、お肉たっぷりの春巻き、
そして今回「飲茶の会」で習った、野菜たっぷりの春巻きです。
どれも美味しいです。

今後、その日の気分や体調によって、どの春巻きを作るか選べるので、
春巻き好きな我が家にとって、うれしいことです。



↓よろしければクリックお願いします↓
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

アーモンドクッキー~飲茶の会

家の近くに、毎年春になると、一番早く咲く桜の木があります。
3日前に見た時は、まだ蕾だったのに、今朝見たら、満開になっていました。
「あぁ、綺麗だなぁ。」
と、しばらく見とれていました。
春は、花粉は困るけれど、花が綺麗でうれしくなります。


今日は、先日ベターホーム「飲茶の会」で習った、アーモンドクッキーを
作りました。

オーブンから、いい匂いが漂ってきて、中をのぞくと、クッキーが、
こんがりきつね色に焼けていました。
わ~、良く焼けたわ~

おやつにいただきました。
サクサクしていて、すごく美味しい!
これは、習って良かったです。



アーモンドクッキー
アーモンドクッキー



「飲茶の会」を受講して、もうすぐ半年。前期が、あと1回で終わります。
今通っているお教室では、後期の「飲茶の会」が開催されないため、
後期は、他のお教室で受講します。

前期は、ご一緒したKさん、Sさん、Jさんと親しくなり、
とても楽しい会でした。

Kさんは、今回が初めてのベターホーム受講だそうです。
受講を始めた途端、突如、料理に目覚め、すぐに他の会の受講も
始められました。私がベターホームを始めた時とそっくりで、
どうやら、Kさんも、ベターホーム街道をひた走り始めた様です。

Sさんは、太極拳もなさっていて、薬膳や中国語に関心を示し、中国に、
はまっておられるご様子です。

Jさんは、台湾から来られた方で、料理がお得意で、料理のコツをいろいろ
教えて下さいました。

Kさんとは、後期も同じクラスの予定です。
またお目にかかれると思うと、うれしいです。

Sさん、Jさんとは、後期は別のクラスになってしまいます。
残念ですが、また他の会でお目にかかれたらいいな、と思います。


Kさん、いつもブログを見て下さり、ありがとうございます。
Sさん、コメントを頂き、ありがとうございました。とてもうれしかったです。


↓よろしければクリックお願いします↓
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

焼きぎょうざ~家庭料理の会

「お夕食は、何が食べたい?」と娘に聞くと、「ぎょうざ。」という応え。
「久しぶりに、ぎょうざもいいね。」ということになりました。

今日のお夕食は、焼きぎょうざ、なすのオイスターソース煮、春雨サラダ、
ハムと青梗菜のスープ、ごはんです。


お夕食
お夕食


これらの料理は、数年前、ベターホーム「家庭料理の会」で習いました。



焼きぎょうざ
焼きぎょうざ


焼きぎょうざは、美味しいですね。
今日は、鉄のフライパンで焼きました。鉄のフライパンにも大分慣れました。


なすのオイスターソース煮
なすのオイスターソース煮


なすのオイスターソース煮も、とても美味しいです。
豚ばら肉を使っていて、これが、この料理にとてもよく合っています。


春雨サラダ
春雨サラダ


この春雨サラダは、よく作ります。酢の物は、美味しいですね。



ところで、

最近、包丁を研いだばかりなのに、切れが悪いなぁ、おかしいなぁ、と
思っていました。

まな板をよく見たら、真ん中のところが、大分へこんでいました。
何年も前に買ったまな板なので、使い込むうちに、板が減ってしまって
いたのでした。
あら、これでは、切れない訳だ、と思いました。

主人に、「まな板がダメになっちゃったよ。」と言うと、
主人は、まな板を見て、
「ママは、毎日、料理を頑張っているからなぁ。このまな板は、ママの勲章だね。」
と、しみじみ言いました。

けずり直しに出す程のまな板でもないので、さっさと捨て、
新しいまな板に替えました。
すると、とても切り易くなりました。
今日、焼きぎょうざに入れた韮を切ったときも、
「切ったはずなのに、くっついている!」なんてことは、ありませんでした。
やはり、道具は、きちんとしたものを使うのがいいですね。



↓よろしければクリックお願いします↓
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

信田煮~和食基本技術の会

今日は、主人が、「まぐろのさしみが食べたいな。苺もね。」と、言うので、
和食にしました。

献立は、信田煮、ほうれんそうと黄菊のおひたし、さしみ、サラダ、みそ汁、
ごはん、苺です。


お夕食
お夕食


信田煮と、ほうれんそうと黄菊のおひたしは、
ベターホーム「和食基本技術の会」で習いました。


信田煮は、すごく美味しいです。
習って以来、何度も作りました。
家族にも好評で、すっかり我が家の定番になりました。
今日は、春らしく、にんじんを梅型で抜いてみました。

ほうれんそうと黄菊のおひたしも美味しいです。


信田煮
信田煮



ほうれんそうと黄菊のおひたし
はうれんそうと黄菊のおひたし


私は、去年の春から「和食基本技術の会」を受講し、あと2回で終了となります。
この会は、とても良い会だと思います。

和食の基本は、まず、美味しいだしを取ることですが、この会では、
美味しいだしの取り方を丁寧に教えてくれます。

それに、どの料理も懇切丁寧に教えてくれるので、
和食初心者には、是非お勧めしたい会です。

私は、主婦歴約20年ですが、この会を受講して、良い復習になったり、
「へぇ~、そうなのかぁ。」と目から鱗だったりして、いろいろ学ぶことが
ありました。
それに、習う料理が美味しくて、私の作る和食に、磨きがかかった様に
思います。



「和食基本技術の会」で習って、私が家で繰り返し作っている料理を駆け足で
紹介したいと思います。

5月: 「新じゃがと豚肉の照り煮」は、すごく美味しくて何回も作りました。
     今年も新じゃがが出回ったら、また作りたいと思います。
    
    「ささみとみつばのわさび酢あえ」も美味しいですよ。


6月: 「親子丼」は、すごく美味しいです。
     すっかり我が家の定番になり、家族がよろこんで食べてくれます。

    「きんぴらごぼう」も美味しくて、私は、きんぴらを作る時はいつも
     このレシピで作っています。


7月: 皆さん、あじの塩焼きを馬鹿にしてはいけませんよ。
    この会で「あじの塩焼き」を習って、あじの下ごしらえの仕方で
    こんなにも味が変わるのか、とびっくりしました。
    それ以来、我が家では、この下ごしらえをして作っています。
 
   「かぼちゃのそぼろあん」も美味しいですよ。
    かぼちゃ好きのあなた、これは、習う価値ありですよ。


8月: 「天ぷら・かき揚げ」は、習って本当に良かったです。
     天ぷらをカラリと揚げるコツを教えてもらい、我が家の天ぷらに
     革命が起きました。


9月: 「さんまのかば焼き」も美味しいです。
    「豚汁」は、言うまでもなく、美味しかったです。


10月: 「信田煮」が美味しいことは、上で述べました。
     「茶碗蒸し」は、習ってから、なめらかで美味しく作れる様に
      なり、家の茶碗蒸し大好き娘が、大喜びしました。
       
     「うの花炒り」もすごく美味しくて、うの花炒りが大好きな私は、
      作る時はいつも、このレシピで作っています。


11月: 「ぶりの照り焼き」も美味しいです。これは、主人が喜びました。
     「菊花かぶ」は、美味しくて綺麗で、習って良かったです。


12月: 「筑前煮」「えびのつや煮」「紅白なます」は、おせち料理の
     定番ですね。美味しくて、昨年、おせち料理を作った時に役に
     立ちました。普段のおかずにしても良いですね。


1月:  「豚の角煮」は、肉がトロリと柔らかで、美味しいですよ。
     「だし巻き卵」も美味しくて、これも習って良かったです。
     
     「長いもの梅肉あえ」は、簡単で美味しくて、もう一品ほしい時に
      重宝します。


2月:  「五目ずし」は、華やかで美味しくて習って良かったです。
     人が来た時に、お出ししたら喜ばれること間違いなしです。
     
     「菜の花のからしあえ」も美味しいですよ。
      春を味わうのもうれしいものです。

     「すまし汁」は、昆布とけずりがつおで丁寧にだしを取って
      作ります。すごく美味しいです。
      日本人に生まれて良かった~と思いますよ。

3月と4月は、これから習います。


いかがでしたでしょうか。
もし、参考になれば、うれしいです。


↓よろしければクリックお願いします↓
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

春の恵みを味わう料理~中国料理の会

先日、ベターホーム「中国料理の会」に行ってきました。
春野菜をふんだんに使った中国料理を3品習いました。

空豆と海老の炒め、たけのこと鶏肉のオイスターソース煮、
春野菜の干し貝柱ソースあんかけです。

今日は、その復習をして、お夕食にいただきました。


お夕食
お夕食


空豆と海老の炒めは、空豆をふんだんに使って作る、ちょっと贅沢な料理です。
私は、今まで、空豆は、塩茹でして食べる位でしたが、
この様に炒めものにすると、とても美味しいな、と思いました。
彩も華やかで、まさに春らしい一品です。


空豆と海老の炒め
空豆と海老の炒め


たけのこと鶏肉のオイスターソース煮も、とても美味しかったです。
まわりの青梗菜にも味を入れて、丁寧に作っています。


たけのこと鶏肉のオイスターソース煮
たけのこと鶏肉のオイスターソース煮


春野菜の干し貝柱ソースあんかけは、今日は、菜の花を使いました。
あんは、干し貝柱を贅沢に使って作りました。
これもとても美味しかったです。


春野菜の干し貝柱ソースあんかけ
春野菜の干し貝柱ソースあんかけ


今日作った中国料理は、
初めに野菜を切り、下茹でするものは下茹でし、
肉や魚を切って下味を付け、油通しするものは油通しし、調味料を合わせ、
水溶き片栗粉を用意し、という様に下準備に時間をかけました。
そして鍋に火を入れて、一気に仕上げました。


中国料理は、今日作った様に、下準備に時間をかけ、鍋に火を入れたら
一気に仕上げていくという料理が、実に多いです。

普段、のんびり屋の私も、鍋に火を入れる段階にきたら、
深呼吸をして精神統一し、
「さあ、いくぞ!」
と、気合を入れてから火を入れます。
そして、神経を集中させて一気に仕上げます。

ボケ~としていたら、材料投入のタイミングを逸してしまい、ボケ~とした
料理になってしまいます。
全てのタイミングが合って初めて、美味しい料理が出来上がるのです。



「中国料理の会」を受講して、もうすぐ1年がたちます。
来月は、修了式です。
振り返れば1年前の私は、先生のデモンストレーションを見て度胆を抜かれ、
必死にメモを取り、ついていくのがやっとでした。
それが今では、大分慣れ、家で、美味しい中国料理を作れる様になりました。

佐藤先生が熱心にご指導下さったおかげと思います。
本当に先生に、感謝です。


最近、主人や娘が、
「ママは、料理の腕が上がったね。」
「レストランで食事するより、家で食べるごはんの方が美味しいよ。」
と、言ってくれます。
そんな家族のおだてに乗り、毎日楽しく料理をしています。


お読み頂きありがとうございます。
↓よろしければクリックお願いします↓
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

ホットケーキ

今朝、外へ出たら、陽射しが暖かで、桜のつぼみが大分大きくなっていました。
あぁ、春がきたんだなぁ、と感じました。
春は、何かが始まりそうな予感がして、とても好きです。


先月のベターホーム誌に、絶品パンケーキの作り方が載っていました。
それを見てパンケーキを作ったら、とても美味しかった、とブログに
書きました。(2/26をご覧ください。)

そのベターホーム誌には、パンケーキを上手に焼くコツも載っていました。

それならばと、今日は、家にあった市販のホットケーキミックスをそのコツで
焼いてみました。

すると、あ~ら、びっくり。
ホットケーキのCMにでも出て来そうな位、美しく焼けたではありませんか。

今まで、ホットケーキは、何度も焼きましたが、こんなに良く焼けたのは、
初めてです。

さすがは、ベターホーム誌、役に立ちますね。


ホットケーキ
ホットケーキ


今日は、昨日買って来たとりがらでスープを取りました。

街のお肉やさんで売っているとりがらは、大きくて立派で、それでいて
値段が安いので、とりがらは、いつもそこで買っています。

昨日買ってきたとりがらは、いつにも増して立派だったので、とても濃くて、
美味しいスープが取れました。

今月のベターホーム「中国料理の会」で、春野菜をふんだんに使った美味しい
料理をいろいろ習いました。
近いうちに、このスープを使って、復習したいと思います。


とりがらスープ
とりがらスープ



お読み頂きありがとうございます。
↓よろしければクリックお願いします↓
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

白身魚のポワレ~家庭料理の会

今日は、朝から何となく調子がいまひとつでした。
それでも、何とか朝の家事を済ませました。

そして、とりがらスープストックがそろそろ無くなるので、とりがらを買いに
車をトコトコ走らせ、ジャスコの駐車場に止めました。

そこから、いつも行くお肉やさんへとぼとぼ歩き、とりがらを買って、
また、とぼとぼとジャスコへ戻りました。

「何か食料品を買って帰ろう。」とジャスコの食料品売り場へ。

「あらっ、買い物客が沢山。ああ、そうか、今日は、火曜市だ。」

「あらっ、これも安い、あれも安い。」と買い物しているうちに、あ~ら不思議。
さっきまで調子がいまいちだった私が、元気になっているわ。
さすがは、私のいこいの場、ジャスコ。


夕方には、すっかり元気になり、夕食の支度をしました。
メニューは、白身魚のポワレ、たことセロリのサラダ、スパゲッティ
バジリコソースです。


お夕食
お夕食


白身魚のポワレは、ベターホーム「家庭料理の会」で習いました。
これは、トマトのソースが美味しくて、我が家の食卓に時々並ぶ一品です。

白身魚のポワレ
白身魚のポワレ


たことセロリのサラダは、数年前、「基本料理の会(洋風・中国風)」で
習いました。これも、とても美味しいです。
セロリの嫌いな娘も、これは、食べてくれるので助かります。


たことセロリのサラダ
たことセロリのサラダ


スパゲッティバジリコソースは、アルポンテの先生が書かれた本「イタリアンの
お料理教室」(ベターホーム出版局)を見て作りました。
これは、娘の大好物で、今日も良く食べてくれました。


スパゲッティバジリコソース
スパゲッティバジリコソース



お読み頂きありがとうございます。
↓よろしければクリックお願いします↓
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

ハンバーグ と かぼちゃのポタージュスープ

娘が、「洋食が好き。」と言うので、
今日のお夕食は、娘が大好きなハンバーグにしました。
他に、かぼちゃのポタージュスープ、はくさいとりんごのサラダも作りました。


お夕食
お夕食


ハンバーグは、娘が小さいときから、時々作ってきました。
ですから、今さらハンバーグは、習わなくてもいいかな、と思っていました。

ところが、数年前、ベターホーム「基本料理の会(洋風・中国風)」で習って
びっくり。 「へぇ~、こうすると美味しくできるんだぁ」、と目から鱗のコツを
いろいろ教えてもらいました。

それ以来、我が家のハンバーグのグレードが一気に上がり、家族からのうけが
ものすごく良くなりました。
これは、習って本当に良かったです。

にんじんのグラッセやさやいんげんのソテーも習いました。
とても美味しいです。


ハンバーグ
ハンバーグ


かぼちゃのポタージュスープも同会で習いました。
これもすごく美味しいです。


かぼちゃのポタージュスープ
かぼちゃのポタージュスープ


はくさいとりんごのサラダは、ベターホーム出版局「サラダの本」のレシピで
作りました。
これもすごく美味しくて、はくさいがたくさんもりもり食べられます。
ドレッシングももちろん手作りです。レースンが入ったドレッシングで
このサラダによく合って、とても美味しいです。

今ふと思い出しましたが、ベターホームに通い出してから、
市販のドレッシングは、買ったことがないです。
お教室でいろいろなドレッシングの作り方を教えてもらえるので、
いつも手作りしてます。買ったものより、作ったものの方が、
断然美味しいです。


はくさいとりんごのサラダ と レーズン入りフレンチドレッシング
はくさいとりんごのサラダ



お読み頂きありがとうございます。
↓よろしければクリックお願いします↓
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

ピッツァ

今日は、主人が外食してくるので、娘と2人でお夕食です。
娘が、ピッツァが好きなので、久しぶりに作りました。


お夕食
お夕食



イタリアに友人がいます。
10年以上前、彼女が家族を連れて日本に旅行に来たとき、我が家に2週間位
ホームステイしたことがありました。
そのとき、彼女がピッツァの作り方を教えてくれました。
「ピッツァには、コーラが合うのよ。」と彼女は言い、彼女の作ったピッツァを
コーラと一緒にいただきました。
とても美味しかったのを覚えています。


今日は、アルポンテの先生が書かれた本、「イタリアンのお料理教室」
(ベターホーム出版局)に載っているレシピで作りました。
ピッツァの生地を捏ねるのは、とても楽しいです。

生地を丸く伸ばすのに、職人さんは、宙でくるくる回して伸ばしますね。
あれが出来たらカッコイイな、とトライしてみましたが、出来そうにないので、
早々に止め、おとなしく、めん棒で伸ばしました。

今日作ったのは、マルゲリータと、ツナとたまねぎのピッツァです。


ピッツァ・マルゲリータ
マルゲリータ



ツナとたまねぎのピッツァ
ツナとたまねぎのピッツァ


焼き上がるのを楽しみに待っていた娘と2人で、コーラと一緒にいただきました。
とても美味しかったです。



お読み頂きありがとうございます。
↓よろしければクリックお願いします↓
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

プロフィール

クミ

Author:クミ
ベターホームのお料理教室に通って10年、17講座を終了しました。毎日、お教室で習った料理を作って、家族で美味しく食べています。
2015年に、ル・コルドン・ブルー本科パン講座を修了し、パンディプロムを取得しました。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

ランキング

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています↑ 良ければクリックお願いします♪

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる