04
:
1
2
3
5
9
10
13
14
15
16
17
18
19
20
24
25
26
27
28
30
   

いなだ

今月の「お魚基本技術の会」で、いなだのさばき方と、いなだを使った
お料理を習いました。

それ以来、家で復習したくて、スーパーの魚売り場を毎日のぞきました。
そして今日、新鮮ないなだを見つけ、喜んで買って来ました。

お教室で習ったことを思い出しながら、テキストを見ながら、さばきました。
上手にさばくことが出来ました。

さばいたいなだを使って、お教室で習った、いなだの中華サラダといなだの
若草焼きを作りました。
中華サラダは、とても美味しかったです。若草焼きは、若草みそがもう
少し甘いといいかも、と思い、次回は、みそに少し砂糖を入れて作って
みようと思います。


私は、お魚の会に通う前は、あじをおろすことくらいしか出来ませんでした。
しかし、お魚の会に1年間通って、いろいろな魚を自分でおろすことが
出来るようになりました。

いつも魚を買う時に、店員さんに、「魚をどうさばきましょうか。」と
聞かれますが、私は、「そのままでいいです。」と答えて買ってきます。
そして、家でさばきます。

今は、魚をさばくのがとても楽しくて、はまっています。
それに魚は、よく見るとかわいい顔をしているな、とも思います。


日によりスーパーで売っている魚の種類が違うので、私は、買い物へ行く時は、
いつもベターホームの魚の会のテキストを持って行きます。
そして、魚売り場で、売っている魚を見て、買う魚を決め、テキストを開いて、
その魚を使った料理を見て、それに必要な食材を買います。


魚の会に通って、いろいろな魚料理を習い、我が家の食卓に美味しい魚料理が
並ぶことがとても増えました。魚の会に通って良かったな、と思います。



いなだ
いなださらだ
若草焼き
スポンサーサイト

うの花いり

先月、「ベターホームが料理教室で50年教え続ける、しっかり作りたい
定番料理100品」という本が、ベターホーム出版局から出版されました。

中を見ると、今までお教室で習った料理が多く載っていたので、同じレシピを
持っていても無駄になるかな、と思い、購入するかどうか迷いました。

しかし、よく見ると、同じ料理でも、お教室では、4人分のレシピが書かれた
テキストを使うのに対して、この本では、2人分のレシピが書かれています。
我が家では、現在、4人分の料理を作りますが、将来、子供が独立して、
夫婦2人だけになった時、この本は役に立つかも、と思い、購入しました。

今日は、うの花いりを作ろうと思い、この本を見たところ、
4人分のレシピが載っていました。しかも、以前「おそうざいの会」
で習ったうの花いりとは、使用する材料がかなり違っていました。
「おそうざいの会」で習ったうの花いりは、今まで家で何度も作っているので、
今日はいつもと違ううの花いりを作ってみようと思い、この本に載って
いるレシピで作りました。

少し甘めなうの花いりでしたが、美味しかったです。
この次に作る時は、少し砂糖を少なくして作ってみようと思います。

この本に載っているレシピを見て、ほうれんそうのおひたしも作りました。
割りじょうゆが薄味だったので、私は、しょうゆを少し多くして
作りました。美味しかったです。


DSC_0005.jpg
卯の花炒り
ほうれんそう

柏餅(みそあん)

「和菓子の会」で習った柏餅(みそあん)を家で作りました。
とても美味しくできました。

和菓子の会は、内容がとても良くて、会で作る和菓子はどれも、とても
美味しいです。

私は、太りたくないので、普段甘いものを食べる時は、少しにしています。
しかし、私は、和菓子の会があった日のお昼は、特別に、お昼がわりに、
会で作った和菓子を心ゆくまで食べることを自分に許しています。
甘くて、美味しくて、私にとってこの時は、まさに至福の時です。


11月から、和菓子の会がリニューアルするそうですね。どんな内容に
なるのか楽しみです。


misoann-kashiwamochi.jpg

手打ちそばとリコッタチーズとフランボワーズのブティーノ

数年前に、「めんを打つ会」で手打ちそばの作り方を習いました。

初めは、そばを捏ねるのが難しくて、茹でると短く切れてしまって、
なかなかうまくできませんでした。
しかし、家で何度もそばを打っているうちに、上手に打てる様に
なってきました。

今日は、そばを打った他に、かきあげとめんつゆも作りました。
とても美味しかったです。


去年「イタリア料理の会」で習った、リコッタチーズとフランボワーズのブティーノ
を久しぶりに作りました。
これも、とても美味しかったです。


そば

スフレ

ミートローフと豆あじの南蛮漬け

以前「お肉料理の会」で習ったミートローフを久しぶりに作りました。
和風で、中にみそや生姜が入っています。
これは、本当に美味しくて、我が家でも人気のメニューです。


ベターホームが50周年を記念して出版した本から、
豆あじの南蛮漬けを作りました。
これもすごく美味しかったです。


レシピ通りに作って、ずばり美味しいという料理は、なかなか無いと
思います。
私は、自分で試行錯誤してレシピを改造することが、けっこうあります。

この2品の様に、レシピ通りに作って美味しい料理に出会うと
すごくうれしくなります。


ミートローフ

こあじ

わらび餅とコロッケ

「和菓子の会」で習ったわらび餅を作りました。

きなこと黒蜜をたっぷりかけて食べました。
すごく美味しかったです。

「基本料理の会(洋風・中国風)」で習ったポテトコロッケを
久しぶり作りました。すごく美味しかったです。
この会はすごく良くて、この会で習った料理は、どれも美味しく、
家で何度も作っています。

ベターホームが50周年を記念して出版したハードカバーの
本を購入しました。

その本に載っていた、ひじきの煮物を何日か前に作りました。
その時、味がうすいなと思いました。

そこで今回は、調味料の量をレシピに書いてあった量の1.5倍に
して作りました。とても美味しくできました。


mochi.jpg

corokke.jpg

hijiki.jpg

ドライフルーツスティック

以前「パンの会」で習った、ドライフルーツスティックを作りました。

これをお教室で習って試食したとき、すごく美味しかったです。

ところが、家で復習して食べたところ、プルーンの味が強くて、美味しくありませんでした。
その後も何回か作りましたが、やはり美味しくありませんでした。

そこで、もしかしたらプルーンが悪いのかもと思い、今回、今まで使っていた
メーカーのプルーンではなく、他のメーカーのものを使いました。
そしたら、すごく美味しくできました。

レシピを見て作って美味しくないと、レシピが悪いと思いがちですが、
使用した材料が悪いということもあるのだな、と気づかされました。




dryfruitsstick.jpg

柏餅(よもぎ)

先週、和菓子の会に行ってきました。
柏餅2種とわらび餅を習いました。

今日は、家で柏餅(よもぎ)の復習をしました。
中に入れたつぶあんは、2月の和菓子の会であんこの
作り方を習って家で復習した際、冷凍保存しておいた
ものを使いました。

今、お茶を飲みながら、出来立ての柏餅を食べています。
柏の葉の香りがとても良く、甘さ控えめで美味しいです。
ただ、皮を作った際に、こね方が充分でなかったのか、
皮の粘りが少し足りないような気がします。
この次、みそあんの柏餅を復習する時は、充分にこねて
みようと思います。

和菓子の会は、今、前期を終えたところです。
習った和菓子は、どれもとても美味しく、市販されている
あんこを使えばとても簡単にできます。
もちろん、あんこの作り方も教えてもらえるので、自分で
作ったあんこを使うこともできます。

和菓子の会に通う前、主人は、「僕は和菓子は
食べないよ。」と言っていました。
ところが、習ってきた和菓子を1口食べた主人は、
一言「美味しい!」と言いました。
それ以来、主人は、私が作る和菓子をぱくぱくとよく
食べます。

来週は、わらび餅の復習をしようと思います。
お教室で試食して、とても美味しかったので、
作るのが楽しみです。

柏餅1

柏餅2

とりの照り焼き丼

以前、「おそうざいの会」で習った、とりの照り焼き丼を作りました。

これは、とても美味しくて家族にも好評なので、時々作ります。
作るのもすごく簡単で、「今日は簡単に夕食を済ませたいわ」
というときには、もってこいのメニューです。

こんな風に、おいしくて簡単にできる丼メニューばかりを集めた「丼の会」
なる会が、ベターホームにできたらいいのになと思いますが、
いかがなものでしょうか。



convert_20120408203427.jpg

そら豆のケーキ

昨年1年間、イタリア料理の会(アルポンテ)を受講しました。

受講を始めたばかりのころは、料理が複雑で講義も難しく感じましたが、
次第に慣れて、先生の説明がとてもよく分かる様になり、料理のこつも
よく分かる様になりました。

受講のたびに、その月に習った料理を全品、家で復習しましたが、
まだ自分のものになっていないような感じがしていました。
そこで今年の元旦に、「今年は、この会で習った料理を全品、家でもう1度
復習しよう」と決心しました。

この会で習った料理は、全部で37品あります。この復習をはじめて3月がたち、
このうち33品復習し終わりました。これにより、習った料理をすんなり作れる
様になってきました。

何よりうれしかったのは、この会で習った料理を家で作ると、家族が、「美味し
い、美味しい」と言ってよろこんで食べてくれたことです。

この復習の一環として作ったのが、この「そら豆のケーキ」です。
このケーキは、ふんわりしていて柔らかく甘さ控えめで、とても美味しかった
です。色もそら豆の色で緑色をしていて、とてもきれいでした。

この会の復習も、残りあと4品となりました。引き続き、楽しみながら
作っていきたいと思います。




3.jpg

convert_20120408203719.jpg

とりひき肉と野菜の袋煮

今日のお夕食の1品に、ベターホーム誌2月号に載っていた「とりひき肉と
野菜の袋煮」を作りました。

ベターホームのお教室で学んだことは、この料理を作るときにも、とても役
立ちました。

お米料理の会で「五目いなり」を習ったときに学んだことが、油揚げを袋状に
開いたり、具を油揚げに詰めるところで役に立ちました。
具を詰めた油揚げの口を三つ葉の茎で結ぶところは、お米料理の会の「茶巾
ずし」で、煮るところは、おそうざいの会の「厚揚げのいんろう煮」で習いま
した。

そんなことを考えながら、とても楽しみながら、この料理を作りました。

お味の程は、とても美味しかったです。
家族からの受けもたいへん良く、私のレパートリーのひとつに加えようと
思いました。


ベターホームのお料理教室

ベターホームのお料理教室に通って8年になります。
終了した講座は、12講座です。

受講した順に並べると次のようになります。
おそうざいの会、パンの会、お菓子の会、お米料理の会、家庭料理の会、
おもてなし料理の会、めんを打つ会、基本料理(洋風・中国風)の会、
お肉料理の会、パティシエに習うスイーツの会、
おそうざいの会(リニューアル)、イタリア料理の会(アルポンテ)、です。

今は、お魚料理の会と和菓子の会を受講しています。
お魚料理の会は、あと1回で終了します。
5月からは、引き続き和菓子の会と、新たに和食基本技術の会と
中国料理の会を受講します。


私のモットーは、お教室で習った料理は必ず家で全部復習すること、です。
これは、お教室に通い始めてから一貫して守っています。
このお蔭で、自分で言うのも変ですが、お料理が格段に上手になったと
思います。


「家で家族と、とびきりおいしい料理を食べたい!」という強い思いが、
私をベターホームに夢中にさせる原動力になっています。それと、
お教室はすごく楽しい!です。先生は親切だし、説明もとても分かり
やすいです。知り合いも増えたし、同じテーブルの人と和気あいあいと
料理を作るのも楽しいです。それと、出来た料理は、大抵どれもすごく
おいしい!です。そして、習った料理を家で復習するのもすごく楽しい!
です。


これからも末永く、お教室に通い続けようと思っています。

プロフィール

クミ

Author:クミ
ベターホームのお料理教室に通って10年、17講座を終了しました。毎日、お教室で習った料理を作って、家族で美味しく食べています。
2015年に、ル・コルドン・ブルー本科パン講座を修了し、パンディプロムを取得しました。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

ランキング

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています↑ 良ければクリックお願いします♪

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる