FC2ブログ
   
10
:
1
3
5
6
7
8
10
13
14
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

反響のあった記事

ル・コルドン・ブルー パン講座のレビュー
デビューレッスン
本科パン講座(基礎コース)
本科パン講座(上級コース)
ワークショップ
サブリナレッスン←通ってます!

話題別記事
おうちレストラン…家がレストランに様変わり!ご馳走を作りました。
今日の料理…今日作った料理を紹介しています。
今日のパン…今日焼いたパンを紹介しています。←ハマり中♪
ちょっと特別な一日…家族とお出かけした日などについて書いています。
雑記…過去にあったことや最近考えていることを語っています。

ホーム(最新記事はこちら!)

バゲット・オ・ルヴァン・デュール80%♪

こんにちは!

今日は、バゲット・オ・ルヴァン・デュール80%というパンを
作りました。

(ルヴァン種(天然酵母)を沢山入れて、小麦粉の80%の水を
加えて作りました。)

これまで、何度もこのバゲットを作ってきましたが、
やっと、上手く作るコツが分かってきました。

今日、一番良く出来たバゲットが、こちらです。


バゲット・オ・ルヴァン・デュール80%♪
DSC_0094.jpg


見て下さい。

このクープの開き具合といい、エッジの立ち方を。

すごく良く出来ているでしょう。



スライスすると・・・・
DSC_0095.jpg


気泡が沢山入りました。

食べてみると、クラストがカリッとして、クラムが柔らかくて、
すごく美味しい~♪



3本作りました。
DSC_0093.jpg



やはり、パンも、何度も作らないと、上手くならないものですね~

今日、それを実感しました。

これからも、パン作りを続けていこうと思います♪



ご訪問ありがとうございます。

↓クリックしてくださると嬉しいです。
スポンサーサイト

バゲット・オ・サラザン(ポーリッシュ法)♪

こんにちは!

バゲットを作るのに良い季節がやってきました!

久しぶりにバゲットを作りましたよ。

出来上がったのが、こちらです。


バゲット・オ・サラザン♪
DSC_0088.jpg


(サラザンとは、フランス語で、そば粉を意味します。
そば粉が入ったバゲットです。)


作るとき、クープをひくのが、とても楽しかった!

焼成して、クープが開いて、エッジも立ちました。



スライスすると・・・・
DSC_0089.jpg


クラストがカリッとして、クラムが柔らかくて、
とても美味しいです。

ほんのりそばの味がします。


3本作りました♪
DSC_0087.jpg


家は、朝は、パンを食べるので、
あっと言う間に食べちゃいます♪



ご訪問ありがとうございます。

↓クリックしてくださると嬉しいです。

パン・ア・ラ・シャテーニュ♪

こんにちは!

今日は、パン・ア・ラ・シャテーニュというフランスのパンを
作りました。

それが、こちらです。


上から見たところ♪
DSC_0077.jpg



パン・ア・ラ・シャテーニュのシャテーニュは、フランス語で
栗を意味します。

なので、生地に、栗の葉を4枚、クープナイフで描いて
焼成しました。


斜め上から見たところ♪
DSC_0076.jpg



これは、大きいパンなんですよ。

このパンには、茹でた栗や栗の粉がふんだんに入っています。

栗は、フランス産の栗を 栗の粉は、イタリア産の栗の粉を使いました。

フランス産の栗は、日本や中国の栗とも味が違って、
甘くて、エレガントな匂いがするんですよ。

イタリアの栗の粉も、日本産よりも甘いです。

昨年、日本の栗を使ってこのパンを作ったのですが、
美味しくなかったんです。
このフランスのパンには、日本の栗は、合わないんですね。


カットしたところ♪
DSC_0078.jpg



このパンは、美味しくて、病みつきになります。

フランス産の栗やイタリア産の栗の粉を使っていると思うと、
リッチな気分にもなります。

毎年、秋になると、食べたくなるパンです♪

ちなみに、このパンは、ル・コルドン・ブルーで
習いました。



ご訪問ありがとうございます。

↓クリックしてくださると嬉しいです。

プティ・パン・キャロット♪

こんにちは!

今日は、ハード系のプティ・パン・キャロットを作りました。

出来上がったのが、こちらです。


プティ・パン・キャロット♪
DSC_0065.jpg



一つアップすると・・・・
DSC_0069.jpg


このパンの材料は・・・・・

まず、人参1本分を1cm角にカットして、柔らかくなるまで茹でます。

パンには、この柔らかくなった人参と、人参を茹でた湯と、
人参ジュースを使います。

それと、ルヴァン(天然酵母種)を沢山使います。

ルヴァンの味の良し悪しによって、パンの味に影響が出るので、
要注意です。

それと、粉は、ムール・ド・ピエール(T65)を使い、
バター、塩、少量の生イーストを使います。


捏ね機で捏ねて、成形して、発酵させて、武蔵で焼きました。

焼けるに従って、いい匂いが、部屋中に漂ってきました。

あ~、幸せの匂い・・・・


スライスしたのが、こちらです。


スライス♪
DSC_0072.jpg


パンが人参色して、小さな人参が入っているのが見えるでしょう。

このパンは、焼き立ての冷め立てが一番美味しいですね~

その瞬間に、食べてみましたよ。

まっ、美味しいーーーー♪


実は、このパンを去年作ったのですが、
その時は、全然美味しくなかったんですよね。

今から思えば、その原因は、ルヴァンにあったのだと思います。
ルヴァンの味が良くなかったんですね~


今、私のルヴァンは、絶好調!
世話が良いので、すごく良い味がするんですよ。

これから、ハード系のパンを作る季節がやってきます。
ルヴァンちゃんの活躍の時期を迎えます。

美味しいハード系のパンを沢山作ろうと思っていますよ♪


ちなみに、プティ・パン・キャロットは、ル・コルドン・ブルーで
習いました。


ご訪問ありがとうございます。

↓クリックしてくださると嬉しいです。

ブール・マルゲリート♪

こんにちは!

家族にリクエストされて、ブール・マルゲリートを
また作りました。

それが、こちらです。


ブール・マルゲリート♪
DSC_0061.jpg


今回は、水の入れ方を変えてみましたよ。

前回は、最初に、水を全部入れて捏ねましたが、
今回は、水を捏ねの最初と最後に分けて入れました。
(仕込み水を減らした分をバシナージュしました。)

すると、あ~ら不思議。

パンが柔らかくなって、気泡も入り、すごく美味しいパンが
出来上がりました。

パンって、面白いですね~

水の量は、同じなのに、入れるタイミングによって、
美味しくなったり、そうでなかったりするんですから。

これからも、この様な実験を重ねながら、ゆっくり楽んで、
パンを作っていきたいと思います♪



ご訪問ありがとうございます。

↓クリックしてくださると嬉しいです。

プロフィール

クミ

Author:クミ
ベターホームのお料理教室に通って10年、17講座を終了しました。毎日、お教室で習った料理を作って、家族で美味しく食べています。
2015年に、ル・コルドン・ブルー本科パン講座を修了し、パンディプロムを取得しました。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

カウンター

ランキング

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています↑ 良ければクリックお願いします♪

Twitter

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる