10
:
1
3
5
6
8
9
11
12
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ル・コルドン・ブルーのフランスパンのレッスン♪

こんにちは!

今日は、ル・コルドン・ブルーのデビューレッスンで、
フランスパンを習って来ました。

デビューレッスンで、パンを習うのは初めてだったので、
前々から楽しみにしていました。


パンのレッスンは、3時間です。
シェフ(先生)は、フランス人で、フランス語でレッスンし、
アシスタントが通訳しました。

チーズとベーコンのエピ、プラリーヌ入りブリオッシュを習いました。

実習は、各自1人で行います。

シェフが、丁寧に説明してくれるので、分かりやすくて、
とても良いレッスンでした。


レッスンでは、シェフが作ったパンを試食しました。
すごく美味しかった!です。

シェフが、あらかじめ作っておいてくれた別のパンや、
フランスで気軽に楽しまれているお菓子も試食させてくれて、
サービスもとても良かったです。


自分で作ったパンは、全部お持ち帰りとなりました。
それが、こちらです。


チーズとベーコンのエピ と プラリーヌ入りブリオッシュ♪
ベーコンエピ


沢山お持ち帰りがあり、うれしかったです。

パンを家族と試食しました。
すごく美味しかった!です。
家族にも好評でした。



実は、私は、8年前、ベターホームのお料理教室で、
「手づくりパンの会」を受講し、パンの作り方を習いました。
それ以来、私は、ベターホームで習ったやり方で、
家で何度もパンを作ってきました。

デビューレッスンで習うパンの作り方は、
ベターホームで習ったパンの作り方と、どこが同じで、どこが違うのか、
前々から、私は、とても興味がありました。


まず、使用したイーストは、
デビューレッスンでは、生イーストだったのに対して、
ベターホームでは、ドライイーストでした。

生地の成形に関しては、デビューレッスンで習ったやり方と
ベターホームで習ったやり方は、同じでした。

材料の混ぜ方、捏ね方、発酵の温度、生地の丸め方に関しては、
デビューレッスンで習ったやり方とベターホームで習ったやり方は、
大きく違っていました。

(この大きな違いに、私は、びっくり、びっくり、びっくりの連続でした。)

ベターホームでは、家庭で作りやすい様に、大分アレンジしてあるのかも
しれませんね。



果たして、レッスンで作った様に、家でも上手に作れるでしょうか。
後日、挑戦してみたいと思います。




ご訪問ありがとうございます。

↓ランキングに参加しています。クリックをよろしくお願いします↓
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ル・コルドン・ブルーで、パリ・ブレストを習いました♪

こんにちは!

先日、ル・コルドン・ブルーのサブリナレッスンで、
パリ・ブレストというお菓子を習いました。

このお菓子は、パリと都市ブレスト間の自転車レースを記念して、
パリのお菓子屋さんが考案したそうです。

なので、このお菓子は、自転車の丸い車輪をイメージして、
輪の形をしています。


下の写真は、私がお教室で作って、持ち帰ったパリ・ブレストです。

本来は、真ん中のひとつはなくて、外側の丸い部分だけなのですが、
真ん中にひとつ置いてみたら、かわいかったので、それで写真を撮りました。



パリ・ブレスト
パリ・ブレスト



このお菓子は、シュー生地をオーブンで焼き、クリームを作って
シューの中に絞り入れて作ります。

レッスンでは、シェフが、シュー生地は、どうして膨らむのか、
うまく膨らますためには、どうすれば良いのか、を理論的に教えてくれました。

へぇ~、そうだったのか!と、目から鱗でしたよ。

やはり、料理学校なので、一般のお料理教室では教えないような理論を
よ~く教えてくれます。

レッスンでは、最初から最後まで1人で作るので、非常に良く分かって、
とても良いレッスンだと思います。



レッスンでは、先生が作ったパリ・ブレストを試食しました。

でも、作りたてのお菓子って、甘さだけが際立って、
味がよく分からないんですよね。
冷蔵庫で1日ねかせると、味がはっきりして、お菓子本来の味が
分かるように思います。

なので、先生が作った、作りたてのお菓子を試食した時は、内心、
ひぇ~甘すぎる、と思いました。

ところが、持ち帰ったお菓子を冷蔵庫で1日ねかしてからいただいたら、
これが、すごく美味しくて、びっくり!
わぁ~最高に美味しい!!と、私の感想が、180度転換しました。
家族の評判もすごく良かったです。



レッスンが始まる前に待合室で、レッスンを受けにきた人達と
話をしましたよ。

私は、秦野から代官山校に片道2時間かけて通っていて、
遠いなぁと思っていましたが、とんでもない。

私より遠くから通っている人が結構いて、中には、長野県から来ている人や、
九州から来ている人もいました。
いやはや、皆さん、パワーがありますねぇ。


サブリナレッスンには、ル・コルドン・ブルーの本科(プロになる人向けの
講座)の卒業生も結構来ています。

お菓子の本科を卒業して、自宅でお菓子教室を開いているという人も
来てました。

この人が、
「お菓子のサブリナレッスンは、レベルが高いから、
 一般の人は、レッスンについていけないのではないか。」
と言っていましたが、そんなことは、ありませんよ。

私は、ベターホームの「お菓子の会」と「スイーツの会」を
終了しただけですが、お菓子のサブリナレッスンが難しいとは、
感じていません。(ただし、トック1に限る。)

いろいろな人が来ていて、話をすると、結構面白いです。



ご訪問ありがとうございます。

↓クリックしてくださると、うれしいです↓
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

サバフィレのオレンジマリネ@ル・コルドン・ブルー

こんにちは!

今日は、ル・コルドン・ブルーのデビューレッスンで、
サバフィレのオレンジマリネを習いました。

先生は、フランス人シェフで、日本語ができました。
お教室では、先生の作ったマリネを試食して、自分が作ったマリネは
お持ち帰りでした。

持って帰ってきたマリネをお皿に盛りつけたのが、下の写真です。
1日冷蔵庫におくと味がなじんで、美味しくいただけるそうです。
このマリネは、生クリームで作ったソースをつけていただきます。


サバフィレのオレンジマリネ と ソース
サバフィレのオレンジマリネ


少し試食しました。
すごく美味しい!です。
明日、家族でいただこうと思います。
楽しみです。


ご訪問ありがとうございます。

↓見たよの印に、ポチッとおひとつ、お願いします↓
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

キッシュ@ル・コルドン・ブルー

このところ、寒い日が続いていますね。冬に逆戻り?ってな感じですね。

さて、今日は、私は、ル・コルドン・ブルーのデビュー・レッスンを
受けてきました。

始まるまで、待合室にいたのですが、先月のレッスンで一緒だった人が
ちらほらいました。通ううちに、お友達ができるといいなぁ。

このレッスンに通って来る人の服装を見ると、センスの良い、高価そうな服を
着ている人が結構いますね。アクセサリーもオシャレだなぁ。
まぁ、私などは、ジャスコで買った服を着て行ってますが....

聞いた話によれば、医者の奥様方が結構多く通っていらっしゃるとか。
今日は、自分自身が医者だという女の人も来てました。
(ちなみに、家の主人は、サラリーマンです。)

前置きは、このくらいにして、レッスンの報告をしましょう。
今日習ったのは、菜の花と二種のサーモンのキッシュ カレー風味です。 

先生は、フランス人でした。
この先生は、都内に、自分のフランス料理店も持っている、というお話でした。
(自分のお店を持っている位だから、日本に魅力を感じて、半ば、日本に
 永住するつもりで来ているんだろうなぁ。
 そういう人生も素敵だなぁ、などと、余計なことを考えてしまいました。)
レッスンは、フランス語で、アシスタントが、通訳してくれました。

今日習ったキッシュの作り方を簡単に説明します。
生地を作り、型に敷いて、オーブンで空焼きします。
菜の花と、二種のサーモン(生鮭とスモークサーモンです。)を使って具を
作ります。アパレイユを作ります。
空焼きした生地に、具を入れて、アパレイユを流し、チーズを振って、
オーブンで焼いて出来上がりです。

レッスンでは、先生が、デモンストレーションしながら、各工程を
詳しく説明してくれました。
実習中は、先生が回って来て、片言の日本語を交えながら、丁寧に
教えてくれました。
分かりやすくて、とても良いレッスンでした。
自分が作ったキッシュは、お持ち帰りでした。

家へ帰るのに、電車に乗り、座席に座って、前のつり革のところの
広告をふと見ると、ビールの広告でした。
よく見ると、あらっ、向井理くんのお顔の大写しの写真だわ。
あら、ラッキー。向井くんのお顔を眺めながら、気分よく帰りました。

家に帰り、レッスンで私が作ったキッシュの写真を取りました。
それが、こちらです。

キッシュ
キッシュ


カットすると、サーモンのピンクと、菜の花のグリーンが、とても綺麗でした。


カットしたところです。
キッシュ(カット)


レンジで温めて食べてみました。
すごく美味しい!
カレーパウダーが隠し味になっていて、言われなければ、カレーパウダーが
入っているなんて分かりません。でも、それが、味を引き立てていました。
う~ん、こりゃ、絶品だ。習って良かった。
これは、是非、近いうちに、家で復習しようと思いました。


ご訪問ありがとうございます。

↓よろしければ、ポチッとおひとつ、お願いします↓
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

プチ・ガトー・ブルトゥイユ@ル・コルドン・ブルー

プチ・ガトー・ブルトゥイユ
プチ・ガトー・ブルトゥイユ


これが、ル・コルドン・ブルーのサブリナレッスンで、
私が作った「プチ・ガトー・ブルトゥイユ」である。
ビスキュイ、プラリネのフィユテ、ピスタチオのムースを重ねて作った。
私が箱からお菓子を出すと、主人と娘が「おぉ~!」と、驚嘆の声を発した。

夕食後のデザートにいただいた。
すごく美味しい。私は、自分が作ったお菓子の味に、うっとりである。
主人が、一口食べるなり、「プロの味!」と言った。
そうだろう、そうだろうと、私は、得意である。

私は、今まで、こういうフランス菓子が習いたかったのである。
やっと、それを教えてくれる良いお教室が見つかった、という気持ちである。
「私がお菓子を習いに行けば、いつでも、こんなに美味しいお菓子が
食べられるのだよ。」主人を押すのも、もう一息である。


お読み頂きありがとうございます。
↓よろしければクリックお願いします↓
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

プロフィール

クミ

Author:クミ
ベターホームのお料理教室に通って10年、17講座を終了しました。毎日、お教室で習った料理を作って、家族で美味しく食べています。
2015年に、ル・コルドン・ブルー本科パン講座を修了し、パンディプロムを取得しました。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

カウンター

ランキング

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています↑ 良ければクリックお願いします♪

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる