08
:
1
3
6
7
10
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

基礎コースのの修了式♪

ル・コルドン・ブルーの修了式の記事です。
(修了式は、約2か月前に行われました。)

修了式に出席するため学校へ行くと、学校の前で、
Dシェフが氷の彫刻を彫っていました。


氷の彫刻を彫るDシェフ
氷の彫刻


Dシェフは、氷の彫刻がお得意で、修了式の時には毎回
素晴らしい彫刻を彫って、パーティー会場に飾ってくれます。

今日の彫刻は、どんなになるかしら・・・・と思いながら、
私は、修了式会場へ行きました。


修了式では、校長先生やシェフ達がずらりと並び、その前で、
生徒1人1人に修了証が手渡されました。
私も、クラス担任のSシェフから修了証を頂きました。

こちらが、頂いた修了証です。


修了証
修了証


開くと、こんな風になっています。


修了証を開いたところ
修了証(開)



修了式の後、皆、パーティー会場へ移動しました。
シェフ達が作ってくれたご馳走がたくさん並んでいました。
校長先生が乾杯の音頭を取り、皆シャンパンで乾杯しました。

私は、料理を頂いたり、クラスメートと話をしたりして
とても楽しい時間を過ごしました。
お料理は、さすがに絶品でした!

(前菜1品しか写真が撮れませんでした・・・・)


前菜
前菜


私以外のクラスメートは、そのまま上級コースへ進みますが、
私は、しばらくお休みします。
仲の良かったクラスメートやアシスタントさん、通訳さんが、
赤いハートのうちわに寄せ書きを下さいました。


寄せ書き
うちわの表


(家で、寄せ書きを、1つ1つ読ませて頂きました。
 心のこもったメッセージ・・・・すごくうれしかったです。
 皆、本当にありがとう!)


そして、うちわの裏には、こんなメッセージが・・・・


うちわの裏
うちわの裏


会場には、Dシェフが彫った彫刻が飾ってありました。
よく見ると、それは、裸の男女がキスしている彫刻でした・・・・
よく出来ていて、センスがあって、さすが!
(写真を撮り忘れました・・・・)

そして、その彫刻の隣で、Sシェフがハートのうちわを持って、
フランス人ならではの粋なサプライズ❤を私にくれました。 
もうビックリ!


さっちゃんとえりちゃんが、寄せ書きのほかに、素敵なプレゼントを
くれました。


お花(さっちゃんから)
お花



ハンカチとメッセージ(えりちゃんから)
ハンカチ

本当に、ありがとう!


皆とのご縁が、これからも続きますように・・・・・




ご訪問ありがとうございます。

↓クリックしてくださると嬉しいです↓
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ル・コルドン・ブルーのパン講座(基礎コース)第20回

こんにちは!

ル・コルドン・ブルーのパン講座第20回は、実技試験でした。
(この回は、約2か月前に行われました。)
シェフは、Dシェフでした。


当日は、9時半に集合。
シェフが用意したくじを各自引いて、Aチーム、Bチームに分かれ、
課題が、次の様に与えられました。

Aチーム:パン・オ・ノワ、トレス、パン・オ・レザン、バゲット。

Bチーム:パン・デ・ロワ、パン・ド・セーグル、パン・オ・レザン、バゲット。

4時までに課題のパンを作り、4時半までに各自プレゼンテーションをして、
4時半から、シェフの採点が始まります。

私は、Bチームでした。

レッスンでは、シェフの指示でパンを作りますが、試験では、
シェフは、一切口出しせず、見ているだけです。
チーム毎に話し合って、パン作りの工程を決め、それに沿って作っていきます。



試験前、私は、
「シェフの指示なしで、自分達だけで、うまくパンを作れるかしら・・・」
と、かなり不安に思っていました。

ところが、実際始めてみると、
「自由にパンを作るのは、すごく楽しい~」
と感じました。

パン・デ・ロワの手捏ねをしているときなどは、実に楽しくて、
私は、もうノリノリになってしまいました。

私の右隣りで生地を捏ねているじゅんちゃんに、
「楽しいね。」と、私が言うと、
「えっ、そう?」と、じゅんちゃん。

今度は、私の左隣りで捏ねているさっちゃんに、
「楽しいね。」と言うと、
「えっ、そうですか?」と、さっちゃん。

あれっ、楽しいのって私だけ・・・・?

そこへ、いつも見回りに来る、日本語の達者な校長先生が入ってきて、
「どうですか、緊張しますか?」と、私に聞きました。

「楽しいです。」と、私が答えると、
「えっ、楽しいの?」と、校長先生が聞き返しました。

「すごく楽しいです!」と、私が答えると、
これまた日本語の達者なDシェフが、大きな声で、
「当たり前~!」
と、言ったので、私は、なお一層楽しくなりました。



そんなこんなで、最後の頃には、私もいささか疲れましたが、
時間内に、課題のパンを完成させることができました。

そして、先週完成させたピエス・デコールと一緒に、パンを
プレゼンテーションしました。



私のプレゼンテーションは、こちらです。

クミの作品
プレゼンテーション(クミ)


それぞれ、拡大すると・・・


パン・デ・ロワ(クミ作)
パン・デ・ロワ



パン・オ・レザン(クミ作)
パン・オ・レザン



パン・ド・セーグル(クミ作)
パン・ド・セーグル



バゲット(ポーリッシュ)(クミ作)
バゲット(ポーリッシュ)



ピエス・デコール(クミ作)
ピエス・デコール


ピエス・デコールの説明書きも添えました。

説明書き
ピエスの説明書き




皆のプレゼンテーションも素晴らしかったです。
(皆の許可を頂いて、載せさせていただいています。)


じゅんちゃんの作品
じゅんちゃん




えりちゃんの作品
えりちゃん




ま~ちゃんの作品
ま~ちゃん




さっちゃんの作品
さっちゃん_1595




たまちゃんの作品
たまちゃん_1590




めぐみさんの作品
めぐみさん_1589




あんなちゃんの作品
あんなちゃん_1594




さとのさんの作品
さとのさん_1591




トマトさんの作品
トマトさん_1592




ふみこさんの作品
ふみこさん



皆、さすがです!!


お~い、クラスメートの皆、お元気ですか~?

良かったら、私のブログにコメントくださ~い!
(記事の左下にあるcomment をクリックすると、コメントが送れます。)

よろしくね~❤




ご訪問ありがとうございます。

↓クリックしてくださると嬉しいです↓
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

クミのピエス・デコール

こんにちは!

ル・コルドン・ブルーのパン講座(基礎コース)第18回、第19回で
ピエス・デコールを作製しました。
(詳しくは、「ル・コルドン・ブルーのパン講座(基礎コース)第18回」の
 記事をご覧ください。)


ピエス・デコール(以下ピエス)を作製するにあたり、
どんなピエスを作ろうか、あれこれ考え悩みました。
最終的に「自分の記念になる様なピエスを作ろう!」と思いました。

私は、今まで、趣味でいろいろなことをやってきました。
音楽、天文学、料理、パン作りをしてきました。
ピエスに、それらにちなんだものを散りばめてみようと思いました。

そして、出来上がったピエスがこちらです。


ピエス・デコール(クミ作)
the top

これは、上から見たところです。
ト音記号、へ音記号、音符が見えますね。音楽を散りばめました。



正面からみると・・・・

(正面)
the front

KUMIの文字です。
それと、フェレットが2匹いるのが分かりますか?
これは、家で飼っているハナと、ハナの前に飼っていたモモです。
小さなかめパン、はりねずみのパン、シャラーというぐるぐる巻きのパンも
あるのですが、分かりますでしょうか。



右から見ると・・・・

(右側)
the right

土星、月、星、太陽が見えると思います。天文学を散りばめました。



後ろから見ると・・・

(後ろ側)
the back

今年の年号2014と、ナイフ、スプーン、フォークが見えますね。
それと、フライパンで目玉焼きを作っています。
料理をイメージしました。



左から見ると・・・

(左側)
the left

CORDONの文字です。
それと、小さなクロワッサンが見えると思います。
パン作りに関するものです。


自分の思いがこもったピエス・デコールが出来ました。

今は、リビングに飾ってあります。
これを見るたびに、コルドンでの楽しかった思い出や、
これまで自分が力入れてやってきた事柄がよみがえります。





それから・・・・・

こちらは、矢と刀です。

矢と刀(たまちゃん作)
Arrow and Sword

これは、私の作ではなく、コルドンのクラスメートで、私ととても仲の良かった
たまちゃんの作です。記念に、たまちゃんから頂きました。

この矢と刀には、すご~く良い思い出❤があるのですが、
ここで語るのは、控えさせていただきます。





ご訪問ありがとうございます。

↓クリックしてくださると嬉しいです↓
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

ル・コルドン・ブルーのパン講座(基礎コース)第19回

こんにちは!

ル・コルドン・ブルーのパン講座(基礎コース)第19回の記事です。
(このレッスンは、約2か月前に行われました。)
シェフは、Sシェフでした。


この回では、ポーリッシュを使ったバゲットのFasonnage(成形)と
Cuisson(焼成)をしました。
それと、前回に引き続き、ピエス・デコールの作製をしました。


こちらが、今回クミが作ったバゲットです。

バゲット(クミ作)
バゲット(ポーリッシュ)


改良剤が入ってなかったために張りが無く、クープがあまり開きませんでした。
(残念!)



そして、ピエス・デコールです。

この回では、先週作ったパーツをグルーガンで糊付けして組み立て、
ピエス・デコールを完成させました。

クミの作ったピエス・デコールは、別の記事をご覧ください。





ご訪問ありがとうございます。

↓クリックしてくださると嬉しいです↓
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

ル・コルドン・ブルーのパン講座(基礎コース)第18回

こんにちは!

ル・コルドン・ブルーのパン講座(基礎コース)第18回の記事です。
(このレッスンは、2か月前に受けました。思い出しながら、
 記事を書いてみます。)
シェフは、Sシェフでした。

第18回では、前回作って冷凍保存しておいた
パン・シュープリーズ・カンパーニュを使って、サンドイッチを作り
パン・シュープリーズにしました。
それと、ピエス・デコールの準備を行いました。


まず、パン・シュープリーズの作製から説明します。

前回作ったパン・シュープリーズ・カンパーニュは、こちらです。

パン・シュープリーズ・カンパーニュ(奥)
ヴァンデエンヌとパンシュープリーズ(クミ)


パン・シュープリーズ・カンパーニュの頭の部分を切り取って、ふたにしました。
そして、カンパーニュの中身をくり抜き、それを使ってサンドイッチを作りました。
それをカンパーニュの中に入れ、ふたをして、リボンで結びました。

そうして出来上がったのが、パン・シュープリーズです。


パン・シュープリーズ♪
リボン付


シュープリーズは、フランス語で書くと、surpriseです。
これは、英語でお馴染み、サプライズですね。

リボンをほどき、ふたを取ると、中には、サンドイッチが・・・・
というサプライズになっています。


サンドイッチ♪
パン・ド・カンパーニュ


サンドイッチの具は、生ハムだったり、サーモンのペーストだったり、
豚のリエットのペーストだったり・・・・といろいろです。

何のサンドイッチに当たるかは、食べてみてのお楽しみ・・・・
と、こちらもサプライズになっています。




第18回、19回では、ピエス・デコールを作ります。
これは、パン講座基礎コースの大きな目玉の1つになっています。

ピエス・デコールとは何ぞや・・・・

ピエスは、フランス語で書くと、piece です。
これは、英語でお馴染み、パーツですね。
デコールは、飾りという意味です。

2種類のパン生地(白と茶色)からパーツを形作って、オーブンで焼きます。
それを糊付けして組み立てて、パンの飾りを作ります。
それが、ピエス・デコールです。

レッスンでは、ピエス・デコールの大きさは、縦と横がそれぞれ24cm、
高さが30cm以内と決められています。
何を作るかは、各自の自由です。



第18回では、パン生地からパーツを形作り、オーブンで焼くところまで
行います。

この回までに、自分はどんなデコールを作るかを考え、必要ならば、
パーツの型紙を作っておかなくてはなりません。



私は、どんなデコールを作ろうか、あれこれ考え悩みました。
そして、これを作ろう!と決め、パーツの型紙を沢山作って
第18回にのぞみました。

ところが、この回だけでは時間が足りず、パーツを全部作り終えなかったので、
残りは宿題になりました。





ご訪問ありがとうございます。

↓クリックしてくださると嬉しいです↓
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

プロフィール

クミ

Author:クミ
ベターホームのお料理教室に通って10年、17講座を終了しました。毎日、お教室で習った料理を作って、家族で美味しく食べています。
2015年に、ル・コルドン・ブルー本科パン講座を修了し、パンディプロムを取得しました。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

カウンター

ランキング

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています↑ 良ければクリックお願いします♪

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる